このブログでは、ことわざ、慣用句、俳句など日本語の音を
●英単語に置き換え(ほったいも変換)て、
●それを強引に日本語に翻訳(逆翻訳)し、
●さらにほったいも変換した音声も聴くことができます。

2004年01月31日

ドラマ「砂の器」への疑問

今日も「砂の器」がらみで「3つの砂の器」の記事へのアクセスが多い。登場人物をオフィシャルサイトでチェック
してみた。原作とドラマでは登場人物の名前をどう変えたか興味が湧いたからだ。

 原作     ドラマ
 和賀 英良 →和賀 英良(中居正広)
●今西栄太郎 → 今西修一郎(渡辺謙)
●関川重雄 → 関川雄介(武田 真治)。
●田所佐知子 →田所 綾香(京野ことみ) 
 三木 謙一 → 三木 謙一(赤井英和)
 本浦 千代吉 → 本浦 千代吉(原田芳雄)

●が変更されたもの

と、ざっとこのように今風に変わっていた。なるほど。しかし本浦千代吉はそのまんま。サイトには現在63歳とかかれている。1940年位の生まれで、千代吉ってつけるかなー。今つけたとしたら、かなりファンキーな感じで逆におしゃれかなと思うけれど。原田芳雄が千代吉か。でも千代吉でなければならないストーリー展開なのかも。というのは、うがった見方か。ちなみに原作では本浦千代吉は明治38年生まれだった。
posted by nemota at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寿限無(じゅげむ)

日本人だって言える人あまりいないのに(最近の小学生は言えるらしいが)、じゅげむが言える外国人が増えたらすごいと思う。


寿限無(じゅげむ)

寿限無 寿限無 五劫のすりきれ
Jun game Jun game, go con no three key red,


海砂利水魚の
cow jewelry sweet Canon,


水行末 雲来末 風来末
sweet can mats wood lie mats who lie mats,


食う寝るところに住むところ
kernel to color in some to color,


やぶら小路のぶら小路
young black Aussie no black Aussie,


パイポパイポ パイポのシューリンガン
pipe on pipe on pipe on no shoe ring gun,


シューリンガンのグーリンダイ
shoe ring gun no goo ring die,


グーリンダイのポンポコピーのポンポコナの
goo ring die no pump on copy no pump on con not know,


長久命の長助
choke you may no chose care.



Canon:カメラのキャノン
kernel:核心
Aussie:オージー。オーストラリアの
goo:ねばつくもの; 〔話〕 感傷.
con:熟読する
choke:窒息させる
chose:choose(選ぶ)の過去.


水行末のギョウの変換がつらい。
posted by nemota at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

挙げ足を取る(あげあしをとる)

前回に続き、固有名詞を入れたパターン。これはことわざというより、慣用句ですね。掲示板などの書き込みなどで、嫌がられる行為です。ことわざ辞典をみると、漢字では挙げ足と書くみたい。上げ足、揚げ足ではないんだ。でも「あげあし」と入力して変換キーを押すと「揚げ足」と出てしまう。どっちが正しいのだろう。

挙げ足を取る(あげあしをとる)
A gear Seattle.


Seattle:シアトル

解説
相手の言葉尻をつかまえて、皮肉ったり反論したりすること。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
Catch, mock or refute a partner's end of a word.

「挙げ足」が正しいのであれば、ネット掲示板では「揚げ足」がほとんど使われているので、その言葉自体の挙げ足を取られるなんていうこともあるかも。
ex.
A「Bさん、揚げ足を取るのはやめてください」
B「揚げ足ではなくて、本当は挙げ足なんだけど、それがなにか。」
なんてね。
posted by nemota at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤とんぼ 筑波(つくば)に雲も なかりけり

この「ほったいもプロジェクト」では意識して固有名詞を入れるようにしてます。なぜかというと固有名詞を入れることで印象を強くしたいからです。例えば「rock&bar Bonny」だったら、それは「犬も歩けば棒にあたる」のことわざね、と外国人の方もすぐに思い浮かぶのではないか、という狙いがあるのです(ほんとかよ)。

ということで、そんな典型例を。

赤とんぼ 筑波(つくば)に雲も なかりけり 正岡子規
A cut on board, took burning could MOMO, Natalie Kelly


MOMO:ミヒャエル・エンデの小説
Natalie Kelly:ナタリー・ケリーさん(グレース・ケリーがいたんだったらこんな名前の人もいるはずだ)

解説
秋晴れの空を見ると、遠くの筑波山の上には少しの雲もない。そんな空を赤とんぼがのどかに飛んでいる。 

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
Empty of fine autumn is seen. Some clouds cannot be found on a long distance Mt.Tsukuba, either. The red dragonfly is flying tranquilly in such the sky.

俳句の変換ではKellyさん大忙し。恩人です。

●修正 1.31
Ark tone bow からA cut on boardに修正しました。
posted by nemota at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月30日

病は気から(やまいはきから)

今晩の息子との会話。
息子「今日の給食にね、コーヒー牛乳が出たんだよ。」
私「へえ、そうなんだ」
息子「それがさあ、もうズッコケるほどおいしかったんだよ〜〜」
(思い起こすと小1の彼はコーヒー牛乳なるものをいまだ飲んだことがなかったな)
その表現の仕方が面白くてこっちがズッコケけそうになりました。
息子よ、お父さんもその大昔、銭湯で飲んだコーヒー牛乳のとりこになったこともあったのだよ。
親子だねえ。

ところで、
Yahooのニュースで「インフルエンザが急増 厚労省、予防呼び掛け」とある。学級閉鎖も続々だとのこと。
息子よ、なんとかインフルエンザにかからず乗り切ってくれ。手洗い、うがい、ちゃんとやれよー(ドリフが懐かしい)
ということで。

病は気から(やまいはきから)
Young mind working color.


解説
病気は気持ち次第で、重くもなったり軽くもなったりする。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
According to a feeling, illness becomes heavy or becomes light.

いやいや、インフルエンザの場合はウイルスだからね。気力というより予防対策だよね。
posted by nemota at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豚に真珠(ぶたにしんじゅ)

「日本の心を外国人にも」というコンセプトでやってきたこのblog。
でもよく使われていることわざにも外国のものも多くあるんですね。このことわざもてっきり日本で生まれたものと思い込んでいたんですが、出典は聖書からきてるようです。いままで紹介してきた中にも日本発ではないのもありますが、あまり気にせずやっていきます。

豚に真珠(ぶたにしんじゅ)
Buddha news in June.


Buddha:仏陀(ぶっだ) 釈迦

解説
どんなに値打ちのあるものでも、その価値がわからない者にとっては、何の役にもたたない。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
Even that which is valuable however leaves for no role for those who do not understand the value.

Buddha news in Jun.をnifty翻訳にかけると、「6月のブッダ・ニュース」。あはは、ナイスです。「6月の」の前に「パンパカパーン!」てつけたいくらい。


追記 1.30
FAXで知り合いから、「面白いけどさ、豚に真珠の変換に無理があるんじゃないの?etc...」とありました。じゃあ、これではどうだ(やけっぱち)。

Buddha NISSIN jew.

NISSIN:世界に名だたるカップヌードルの日清です。
jew:ユダヤ人

ネット見てるなら、コメントなりメールなりすればいいものを、FAXかい!
そんな君は嫌いじゃないけどね。今度はコメントでね。
posted by nemota at 15:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芸は身を助ける(げいはみをたすける)

トルコのイルハンがヴィッセル神戸に移籍するという電撃ニュースが入った。うーむ、これは女性の観客増を狙った手と見た。しかし、そううまく行くのだろうか。まあお手並み拝見ということで。レッズ戦で埼玉スタジアムに来た時は、まあ、見に行ってやろう。ってやはり観客増に貢献してしまうわけだが。
とにかくレッズ戦は楽しみでもある。美貌FWと仁王DFとのマッチアップだ。え?、仁王DF?、もちろんロシア代表DFニキフォロフである。ニキゴルフではない。きっとニキフォロフがいつも以上の活躍でイルハンを抑え込むるはずである(きっぱり)。

ではイルハンにこのことわざを贈る。

芸は身を助ける(げいはみをたすける)
Gay were me auto scale.


解説
優れている技術や才能があれば、困ったときでもそれでお金を稼いで生活できる。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
If there are outstanding technology and the outstanding talent, even when troubled, money is earned and it can live.


ちなみにイルハンはゲイではない(と思う)。誤解されないよう。
posted by nemota at 12:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月29日

名月や 池をめぐりて 夜(よ)もすがら

このほったいもプロジェクト、原案(昔のノート)はまだたくさんあるのですが、一応投稿前にチェックして、そのほとんどの原案を現代風に手直し(単語を差し替えて)して掲載してます。
自分のためのメモ → ご利用中のディスク容量: 2.472 メガバイト (8.24%)

久し振りに芭蕉の俳句をひとつ。

名月や 池をめぐりて 夜(よ)もすがら 松尾芭蕉
May gets Yeah!, in care of men green tea , your MOS BURGER.


MOS BURGER:モスバーガー

解説
空には美しい月があり、池にもその姿が映っている。その様に感動して、池のまわりを歩いて眺めているうちに、つい一夜を過ごしてしまった。 

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
A beautiful moon is located in empty and the figure is reflected also in the pond. It was impressed by the appearance, and while walking along them and looking at the surroundings of a pond, a night has been passed in spite of itself.


「夜もすがら」をyour MOS BURGER...無理あるけどサッカーでいうマリーシア(ずる賢いプレー)ということでご勘弁を。納得できない方はMOS Girlに差し替えて読んでください。
posted by nemota at 18:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

童謡・ウミ

鳥インフルエンザ、中学生虐待、監禁殺人など殺伐としたニュースが最近多いので、気がmail、滅入る。ということで今日の通勤電車で即興で作った童謡「ウミ」のほったいも変換をどうぞ。

ウミ(なぜかカタカナタイトル)
海は広いな大きいな
Would me one heroine now, walking now,


月はのぼるし日は沈む
To keyword noble sea,he want sea zoom.


海にお舟を浮かばせて、
Would meaning off neon, wood cover sweater.


行ってみたいな、よその国
Intel me Tainan, your song know could need.


heroine:ヒロイン ヘロインじゃないです。
neon:ネオン
sweater:セーター say too でもいいです。
Intel:インテル. ペンティアムのでもセリエAでもあります。
Tainan:台南、タイナン(台湾南部の都市)

外国人への解説(ニフティ翻訳ページより)
The sea is large. Reaching the moon from the sea, the sun sets toward the sea. The some other country which is likely to carry out by floating a ship on the sea.

あーあ、ほのぼの、ほのぼの。外国人の方にも広めたい懐かしい童謡ですね。
でも合ってるのか?、nifty翻訳。
posted by nemota at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武士に二言なし(ぶしににごんなし)

前回に続き、ブッシュ大統領関連の「ほったいも変換」はあとひとつなので出しておきます。なかなかブラックな変換になったと思っております。

武士に二言なし(ぶしににごんなし)
Bush need new gun nothing.


gun:大砲, 銃; ピストル

解説
武士は信義を重んじて、いったん口に出したことは必ず守る、ということ。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
A samurai needs to respect faith and say that having said at once surely performs.


タカ派の人たちって武器が大好きなんだよね。子供の頃、戦争ごっこをさせてもらえなかったその反動だ、という一部の意見もあるが、そういう見方も面白い。
posted by nemota at 10:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月28日

武士は食わねど高楊枝(ぶしはくわねどたかようじ)

ラストサムライ、たそがれ清兵衛がアカデミー賞にノミネートされている。
アメリカ大統領選もスタート。もしかしたら次期大統領はブッシュではないこともあるので、ブッシュ関連の「ほったいも変換モノ」も今のうちに投稿しておいたほうがいいかもしれない。
侍&ブッシュ、それら全部ひっくるめたことわざをひとつ。

武士は食わねど高楊枝(ぶしはくわねどたかようじ)
Bush work war noodle, attack yours.


noodle:ヌードル 代替ワードはNed(人名)でもいいんですが、ホワイトハウスでブッシュはカップヌードルあたりを食ってそう。

解説
武士は貧しくて食事ができなくても、まるで食後のように爪楊枝を使って空腹であることを他人に見せない。そのように例え貧乏であっても、卑屈にならず、自尊心を持って生きよう! ということ。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
Even if a samurai is poor and a meal is not ready for him, he does not show others a hungry thing using a toothpick just like after a meal. Even if it is metaphor poverty such, it will not become mean but I will live with pride! Say.

ブッシュの攻撃好き性格をもっと表現したかったので、tackを無理やりattack(攻撃する)にしちゃいました。
大統領選というと映画「デッド・ゾーン」(原作:スティーヴン・キング)がおすすめ。なんだか今とシンクロしている感じの映画でゾッとするかも。
posted by nemota at 15:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鬼は外、福は内(おにはそとふくはうち)

もうすぐ節分。去年初めて知ったのだが、関西では節分の日に「太巻きをある方角(恵方)に向いて黙って丸かぶりする」のだそうだ。去年あたりからコンビニでもそんなキャンペーンをやっていたので、へえ〜、と思っていた。きっと全国イベントになってしまうんだろうな。

うちも行事好きなカミさんがいるので、たぶん今年から採用されると思う。なので事前に100円ショップで方位磁石を買っておいた。ちなみに今年の方角(恵方)は東北東だそうだ。

鬼は外、福は内(おにはそとふくはうち)
Only one thought, hook one which.


thought:thinkの過去(分詞)

解説
災いは家から出ていってしまえ。幸福よ、やってこい。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
Leave evil from a house. Happiness should enter.

豆まきで鬼をやった後、太巻きの一気食いかあ。この風習も在日外国人に浸透してほしいものだ。
posted by nemota at 11:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住めば都(すめばみやこ)

このblog、アクセス解析をさせていただいてから、かれこれ1週間。ちょっとページ表示が重くなりましたね。やめようかとも思ったのですが、検索ワードを見ていると面白いのでやめられないんです。
検索キーワードはダントツで「砂の器」なんですが、「犬も歩けば棒にあたる」「冬来たりなば 春遠からじ」なんてのもある。ググってみると、なんとトップ表示だったりします。他のキーワードもgoogleの上位表示が多い。
ことわざの内容をまじめに調べようとした方に対してなんだか申し訳nice。でもとりあえず俳句やことわざの意味も掲載しておいてよかったです。

ではなんの脈絡もないことわざをひとつ。

住めば都(すめばみやこ)
Soon may BAMIYAN call.


BAMIYAN:バーミヤン。アフガニスタンの世界的な仏教遺跡。すかいらーく系の中華ファミリーレストラン。

解説
どんなに不便な所でも住んで慣れてしまえば、住みやすく好きになってしまう。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
It will be easy to live and people will take to it, if even the most inconvenient place lives and gets used.

バーミヤンは仏像遺跡がタリバンに破壊されたところで有名ですね。住めば都とはいっても、攻撃される所はやっぱりイヤだな。
posted by nemota at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月27日

間違っておぼえていた言葉

新しいトラックバックのお題が出た。「間違っておぼえていた言葉」、これは面白そうな企画だ。いろいろと考えれば、たくさんありそうだ。他の人の投稿ものでも「そう、そう」というのがたくさん出てくるに違いない。これこそココログつながりが体感できるナイスなお題といえよう。
で今すぐ思いつくのは、

日本で一番マイケルジャクソンに似ていた男
「寺田農」(×てらだのう)(○てらだ みのり 俳優)。

「あまり深く考えたことはなかったんじゃが、農はてっきり のう だと思っておったのう」。タモリの今夜は最高(話題が古すぎ!)での農さんのマイケルジャクソンのスリラーは最高だった。
posted by nemota at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臍(へそ)で茶を沸かす(へそでちゃをわかす)

ふーん、やっぱり嘘は認めたけれど、やめないのか、古賀議員。やめたら山拓再登場だもんな。どっちもどっちなんだよな。究極の選択・どっちなら食べられる?「カレー味のう●こ」or「う●こ味のカレー」みたいなものなんだ。
ということで、このことわざを。

臍(へそ)で茶を沸かす(へそでちゃをわかす)
Hey someday ciao works.


ciao:チャオ!(イタリア語のあいさつ)

解説
馬鹿馬鹿しくて、おかしくてしかたがないということ

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
It is foolish and is very amusing.

「へそ(が)茶を沸かす」という言い方が正式らしい。
posted by nemota at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涼風(すずかぜ)の 曲がりくねって 来たりけり

今日はやけに寒く感じる。そういえばあの古賀潤一郎衆院議員が街角に立って街頭演説するという。どんな言い訳をするのだろう、それとも嘘を素直に認めるのかな。
彼の学生時代(?)のテニスサークルでの写真をみたが、いかにもナンパなカッコマン風で面白かった。
そんなことにはおかまいなく、俳句をひとつ。

涼風(すずかぜ)の 曲がりくねって 来たりけり 小林一茶
SUZUKA then on, my garlic net, kit early Kelly.


SUZUKA:世界に誇る日本の鈴鹿サーキット
garlic:ガーリック、にんにく
Kelly:ケリーさん

解説
私(一茶)は路地の奥の長屋に住んでいる。ふと気がつくと、涼しい風がふきこんできた。こんな所にも風が曲がりくねってやってきたのだなあ。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
I (one tea) live in the row-house in the inner part of an alley. The cool wind will have been blown and crowded if it notices suddenly. The wind has wound also to such a place.

一茶、相変わらずone teaと翻訳。ふふふ。なんだかうれしい。
posted by nemota at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月26日

鬼畜

「中3の男の子、虐待で体重24キロ」という記事を見て唖然とした。
「鬼畜」という日本映画があったがそれを地でいく事件だ。それより残酷かもしれない。体重24キロ。うちの息子(小1)でさえ25キロだ。中学3年生といえば食べ盛りではないか。これは虐待ではなく拷問である。その子がどんな経緯でそうなっていったのか、想像すると涙が出てくる。
この親は許せない。こんなコドモな親がこれからも増えていくのだろうか。

人は子供が生まれたから親になるのではない。子供が成長するように自分たちも親に成長していくのだと思う。
それが負担だと思うのなら子供なんか金輪際生むな! 生まれた子供にとっても迷惑千番だ。
posted by nemota at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

穴があったら入りたい

昨日の恥ずかしかった話ついでにもうひとつ。先日、家族で百貨店に買い物に行った時、最後に食料品を買おうと、3階からエスカレータで地下へ向かった。ちょっと喉が乾いたので、食品を買う前に何か飲みたくなった。

エスカレータの上で「お茶でもしないか」と振り返った時、そこには見ず知らずの若い女性が!(オマイガ!)
後ろにいると思っていたうちの奥さんと子供は!? よく見ると、上の階のエスカレータ前の特価ワゴンで何か見ているではないか。

その女性のキョトンとした表情を見て、私は本当に穴があったら入りたい、と痛感したのだった。

穴があったら入りたい
Anna got to Allan high retire.


Anna:アンナさん
Allan:アランさん
retire:リタイア、退く

解説
体を隠してしまいたいと思うくらい恥ずかしい気持ちのこと。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
As shameful a feeling as he wants to have hidden the body

事情説明した後、うちの奥さん曰く「よかったじゃん、若い女の人をナンパできて」。
posted by nemota at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月25日

目には青葉(あおば) 山ほととぎす 初鰹(はつがつお)

このココログ記事をたまたま見て、似たような思いをしたことを思い出した。

あれは(遠い目をしている)、一人で信州をオートバイツーリングしていた初夏のことだ。今もやっているのか知らないが、ツーリングのオートバイ同士がすれ違う時、ライダー同士ピースサインを出す、という慣習があった。知らない者同士がすれ違う時の一瞬の邂逅と別れ。そんな時、ライダー同士は挨拶として左手でピースサインをお互い出し合うのだ。これは相撲の立会いと同じで、お互いが同時に出し合った時は一種の快感まで上り詰める。「こんちは」「ヨッ!」「お互い気をつけようぜ!」といろんな意味がその二本指には込められている。

その時、私は山の中のワインディングロードを風を切って走っていた。木々の緑のトンネルの中、木漏れ日もさしていて気持ちいい。前方からの対向車もなければ、後ろにも誰もいない。自分だけに放たれた自由の空間だった。
私はこんな時に前方からオートバイが来れば、こんな風にビシっとピースサインを出すのに、と実際に出してみた。いや、こういう方がかっこいいかな?と修正も加えて、2、3回、いや正直に言うと、7、8回はいろんなパターンでピースサインの練習を繰り返していた。

ふと気づいた。バックミラー越しのすぐ後ろに。いるではないか。オートバイが。(オーマイガー!)

えっ? いつからいるのですか、あなた様は。もしや、今までの私のピースサインの練習を見ていたのでしょうか、後ろからじっくりと。そんなことはないと願いつつ。

彼はしばらく後ろを走っていて、その後私を追い抜いた。その時、ピースサインをこちらに出した。嗚呼、やはり全部見られていたのだ。

緑がまぶしいロードを駆け抜けながら、ヘルメットの中はカアーと熱くなったまま、その後のことを覚えていない。



目には青葉(あおば) 山ほととぎす 初鰹(はつがつお)  山口素堂
Many were over, young man hot tongue is, hats guts on.


tongue:舌
hats:帽子の複数形
guts:「ガッツだぜ」のガッツ。根性 gutの複数形

解説
夏が近づくと、回りが若葉の色に染まるのが目に入ってくる。山ではほととぎすが鳴きだし、初鰹の時期でもある。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
If summer draws near, that the surroundings are dyed the color of verdure will go into an eye. In a mountain, a little cockoo begins to cry and it is also the time of the first bonito of the season.


私が追いついたオートバイも同じことをやっていたことがある。皆同じなんだな。その時私は思わずブレーキをかけて、彼に気づかれることなく静かに離れました。
posted by nemota at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三度目の正直

大阪国際マラソンをみていた。坂本直子が以前2度負けた千葉真子を抑えて優勝。文字通り「三度目の正直」を見事に果たした。千葉に対しての戦績は1勝2敗だが、ここ一番の選考レースで勝ったことが大きい。これでアテネの枠に入っただろう。

三度目の正直
Sand may not shoes king.


解説
物事は一度目や二度目はうまくいかなくても、三度目はうまくいくことがある。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
At once, things may succeed the third times, even if neither an eye nor the second time works.

あと枠はひとつ。高橋尚子は次の選考レースに出るのだろうか。
posted by nemota at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

習うより慣れよ

Yahooニュースによると「逆上がりできない小学生9割」だそうだ。
ほんとかいな。うちの子は保育園時代にすでに自分の背よりも高い鉄棒で出来てたぞ。小学校の鉄棒の前にR状に曲がった板が立てかけてあったが、それは「逆上がり練習ボード」なのだそうだ。そこに脚で駆け上がった勢いで逆上がりをするのだという。そんな道具を用意しないと、今の子供は逆上がりが出来ないのかと唖然とした覚えがある。
でも、逆上がりなどはいちいち練習とかするのではなく、鉄棒でいろんな遊びをしているうちにいつのまにか出来てしまう、というのが普通だと思うのだが。それにしても子供たちが鉄棒で遊んでいる光景、今あんまりみないなあ。


習うより慣れよ
Narrow yearly now rayon.


rayon:レーヨン ((人造絹糸)).
yearly:年1回(の)

解説
人に教えられるより、自分でやった方がうまくなるということ。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
The direction done personally becomes nice rather than being taught.

ちなみに家の奥さんは生まれてこのかた「逆上がり」をやったことがないそうだ。
posted by nemota at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月24日

おりとりて はらりとおもき すすきかな

一週間前、TSUTAYAの100円レンタルで「少林サッカー」と一緒に借りた「ロードオブザリング」の第1部。結局観ずに今日返却してしまった。
今回の「王の帰還」も上映時間が長いようだが、最初の1部もビデオ2本組である。とてもいっぺんに観れるほどの時間が今週はとれなかった。特に「ロード〜」に興味があるわけではない。
年末に「王の帰還」のペアチケットがたまたま手に入ったので、「映画を観に行くなら、第1部から観ておかねば」と思ったので借りたまでの話である。なんだか本末転倒な話だが、こうなったらチケットは知り合いにでもあげようかなあ。

そんなこんなで俳句をひとつ。

おりとりて はらりとおもき すすきかな 飯田蛇笏
Only two liter, her rally to monkey SUZUKI car now.


liter:リットル
tray:トレイ、取り皿
rally:ラリー(自動車レースなど)
SUZUKI:世界に誇る自動車&バイクメーカー

解説
ススキの穂は、見た目には軽そうだが、折り取って手に持つと、思いがけない重さだ。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
Although it seems to be light for appearance, when the ear of Japanese pampas grass is folded and it has it in a hand, it is unexpected weight.


考えてみたら、日常で3時間くらいの自分の時間って今はなかなかとれないんだなあ。こまったもんだ。
posted by nemota at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情けは人のためならず(なさけはひとのためならず)

今日のYahooのニュースによると、NASAの火星探査車スピリットは深刻な状態のようだ。火星の映像を楽しみにしてはいたんだがな。火星といえば「カプリコン1」という映画を思い出した。火星への人類着陸の映像はスタジオセットで撮られたものだったという内容で、今観たら面白いかもしれない。
ではことわざを。

情けは人のためならず(なさけはひとのためならず)
NASA care hit no terminal runs.


NASA:米航空宇宙局


解説
人に親切にすると、いつかは自分にも良い報いとして戻ってくる。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
If it is kind to people it, it will return as a reward with when sufficient also for itself it is.

自分もご多分にもれず、「情けをかけるのは、その人にとってかえってよくない」と昔思っていた。
posted by nemota at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月23日

井の中の蛙大海を知らず

今晩は久し振りに友人と酒を飲む予定。でも仕事がらみの話になりそう。自称アナログな人間という彼も、いよいよネットでのビジネスを何か模索しなくてはならない、と感じているらしい。
ではことわざをひとつ。

井の中の蛙大海を知らず(いのなかのかわずたいかいをしらず)
We know knocker no car was Thai Cairo she loves you.


Thai:タイ国
Cairo:エジプトのカイロ

解説
井戸の中にいる蛙は、そこが世界のすべてだと思っていて、大きな海のあることを知らない。自分の狭い考え方や見方にとらわれて、得意になっている世間知らずの人をいましめたことわざ

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
It does not know that the frog which is in a well thinks that those is all the worlds, and has the big sea. The proverb which admonished against the man of the person who knows but little of the world who is caught by his narrow view and narrow view, and is elated.

「知らず」=she loves you...。でも子供の頃、ビートルズの「she loves you」の出だしはどうしても「♪知らずッ!イェ、イェ、イェ」って聴こえたもんで。知らないのにイバってて変なの?と思っていた。空耳アワーな話だなあ。
posted by nemota at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嘘は泥棒のはじまり(うそはどろぼうのはじまり)

民主党の古賀氏が学歴詐称問題でピンチである。勘違いと言っているが、その勘違い度が甚だしい。百歩譲って勘違いだったとしよう。しかしそんなトンマな人はやっぱり議員をやめたほうがいいだろう。
ということで民主党の古賀潤一郎衆院議員へはこのことわざを捧げる。

嘘は泥棒のはじまり(うそはどろぼうのはじまり)
Would so were doll bow know how Jim Marie.


doll:人形
bow:弓
Jim:ジムさん
Marie:マリーさん

解説
嘘をつき始めると、やがて泥棒のような悪事もするようになるぞ。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
When it begins to tell a lie, it will also come to carry out an evil deed like a thief soon.

でもそうなるとあの山崎拓がまた復活するのかな。山拓は文字通り「寝技」が得意そうだしな。謀略かも。
posted by nemota at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憎まれっ子世にはばかる(にくまれっこよにはばかる)

渡辺オーナー8月勇退も不変の影響力


この人いつになったら本当にやめるのかな。この人の存在が巨人ファンを減らしていると思うが。巨人ファンはナベツネのことをどう見ているのだろうか。
ではそんなようなことわざを一丁。

憎まれっ子世にはばかる(にくまれっこよにはばかる)
 Nick marry cow YOMIURI herb a call.


Nick:ニックという男性
cow:雌牛
herb:ハーブ

解説
憎まれる者の方が、かえって世間では成功したり、幅をきかせている。ナベツネのことを言う。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
Those who are hated are successful or it is making it hear in the world width on the contrary. The thing of NABETSUNE is said.

ナベツネはこのことわざの典型例でしょうね。もう無理やりYOMIURIをねじ込んでやりました。
posted by nemota at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月22日

鶴の一声(つるのひとこえ)

前回の話の続き。やはり「会議が踊る」場合は、こういう人が欲しいわけです。

鶴の一声(つるのひとこえ)
Tool know hit coin.


解説
大勢で話し合っても決まらないことを、すぐれた人物の一言が、他の意見をおさえて話し合いをまとめてしまうこと。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
Other opinions of a word of the person who was excellent in not being decided even if it discusses in great numbers are pressed down, and talks are summarized.

このココログに書いていると、世事からのがれてなんだか落ち着いた気分になってきます。さすが、ココログ。ネーミングもナイス!
posted by nemota at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

船頭多くして船山に登る

今、あるビジネスのプロジェクトに関わっているのだがなかなか先に進まない。というか、色んな人がいろんな思惑で意見を言っているのだが、リーダーといわれている人間がまとめきれていないだな。
そんな風なことは昔から言われているし。

船頭多くして船山に登る(せんどうおおくしてふねやまにのぼる)
Center oak city, who name young man need noble.


oak:オーク材;
noble:高貴な; 高尚な

解説
指示する人が多いと意見がまとまらず、見当違いの方向へ物事が進んでしまう。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
If there are many people who direct, an opinion will not be settled, but things will progress in the wrong direction.

いわゆる「会議は踊る」ってやつですかあ。
posted by nemota at 22:48 | Comment(2) | TrackBack(1) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼け石に水(やけいしにみず)

再びケータイから。ことわざを

焼け石に水
Yankees need me is.


解説
熱く焼けてた石に少しばかり水をかけても、全然冷めない。このようにわずかな助けや努力では、効果がないということ。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
Even if it pours water on the stone which had been burned hotly only in about a few, it does not cool down at all. Thus, say that it is ineffective in slight help and slight efforts.


焼け石=yankees は無理ありすぎだろな。でも、一応ヤンキース・松井選手への賞賛のつもりなんだけど、「焼け石に水」じゃ、たとえが悪すぎ。

追記:2/5
解説と外国人への解説を追加しました。
posted by nemota at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日帰り出張

ケータイから投稿。今日は飛行機での日帰り出張。着陸時にすごく揺れて生きた心地しなかった。でも行きに富士山の上を飛んだ。雪化粧がきれいだった。↓はあとから貼り付けたデジカメで撮った写真。

fuji.jpg
posted by nemota at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。