このブログでは、ことわざ、慣用句、俳句など日本語の音を
●英単語に置き換え(ほったいも変換)て、
●それを強引に日本語に翻訳(逆翻訳)し、
●さらにほったいも変換した音声も聴くことができます。

2005年03月31日

バカさん、ありがとう。

ストックしている「ほったいも変換」で持て余していたモノがずっとあった。
しかし↓の記事のおかげで、そんな言い回しとも今日でお別れだ。さようなら。


ボリビアのバカがダメ押し点/W杯予選


<W杯南米予選:ボリビア3−1ベネズエラ>◇30日◇ボリビア・ラパス

 ボリビアが、ホームでベネズエラに3−1と快勝した。開始わずか2分に相手のオウンゴールで先制すると、FWホセ・カスティーリョが同26分に加点。後半26分に1点を返されたが同39分、途中出場のバカのダメ押しゴールで試合を決めた。



バカとハサミは使いよう
Backer to her summing what's kind you.

彼女がことをまとめることへの後援者は親切なあなたです。
音声はここ

解説
切れないハサミでも、使い方によっては切れるように、愚かな者でも、仕事の与え方によっては役に立つ。

英語表現
Even fools and blunt scissors can be useful in the hands of a clever person.
posted by nemota at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神様ジーコが仏に会う

昨日のバーレーン戦、自分としては\(^o^)/でも_| ̄|○でもなかった。
顔文字で表現するなら( -_-)フッ でしょうか。厳しすぎかなあ。

後半になってもなかなか決めきれない。シュートまで持っていけない。
勝つとしたらラッキーボーイ的な選手が決めるかな、と思ってました。
それが赤いユニフォームの10番だったとは!
首の皮一枚だったジーコ監督もおそらくこんな心境だったでしょう。


地獄で仏
Zico goody hotcake.

ジーコうまいものホットケーキ。
音声はここ

解説
危機に陥った時に、思いがけない助けにあって喜ぶこと。

英語表現
地獄で仏に会った心地だった
He was a godsend (to me in my distress).


中田ヒデのボランチはいい出来だったと思う。でも次のアウェイのバーレーン戦でのヒデのポジションは? そっちのほうが興味深々だ。
posted by nemota at 12:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

\(^o^)/か_| ̄|○どっちだ

今晩、バーレーン戦。それこそ絶対に勝たなければならない試合だ。
最終予選、3試合目にしてジーコジャパンにとっては「背水の陣」の試合となってしまった。

勝てば  \(^o^)/、
引き分け、負けなら _| ̄|○
どっちにしても日本中大騒ぎになることは間違いない。

今日の見どころは、ボランチの中田ヒデが機能するのかどうか、と引きっぱなしの相手のゴールをどうこじあけるか、である。
試合ごとのこの緊迫感、これだから最終予選はたまらない。


背水の陣
High swing knows in.

高い振動は中へ知っています。
音声はここ

解説
一歩もあとにはひけないせっぱ詰まった状況・立場。また、そういう状況に身を置いて、必死の覚悟で事にあたること。

英語表現
fight with one's back to the wall.



巷では「何が何でも勝て」という空気が支配しているが、僕としては「勝って当たり前じゃん」という気持ちだ。主力を欠いたバーレーン相手にホームで勝てなければ、所詮そこまでのチームだったと思うしかないのである。
posted by nemota at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

春がきた♪

一昨日はあんなにポカポカ陽気だったのに、なんだ、この寒さは!
ということで、早く暖かくなって欲しいという願いを込めて、好評のほったいも歌シリーズ(笑)をどうぞ。
だれでも知っている「♪春がきた、春がきた、どこにきた」というやつです。


春がきた

1番
Hello got guitar, 
Hello got guitar,
Don Connie guitar.
Yeah money guitar,
Sir Tonny guitar,
None need more guitar.

こんにちは、ギターを手に入れました。
こんにちは、ギターを手に入れました。
ドン・コニーのギター
うん、お金のギター
トニー卿のギター
なにもより多くのギターを必要としません。


2番
Hanna got circle,
Hanna got circle,
Don Connie circle.
Yeah money circle,
Sir Tonny circle,
None need more circle.

ハンナは円を得ました。
ハンナは円を得ました。
ドン・コニーの円
うん、お金の円
トニー卿の円
なにもより多くの円を必要としません。


3番
Trigger knock,
Trigger knock,
Dock all day knock.
Yeah Monday knock,
Saturday knock,
Know demon knock.

ノックの引き金となってください。
ノックの引き金となってください。
一日中、ノックをドッキングしてください。
うん、月曜日に、打ってください。
土曜日に、打ってください。
悪霊ノックを知ってください。

音声はここ


逆翻訳は「ATLAS 英日・日英翻訳」を使用しています。
どんなもんでも翻訳しちゃる!という心意気が好きです。
posted by nemota at 22:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目には目を、靴には靴を

空港で靴脱げ パプア首相怒る

このニュースを見た時、昔のこんな笑い話を思い出した。
初めて飛行機に乗る人に
「タラップから飛行機に乗り込む時は靴を脱ぐんだよ」
というアドバイス(?)。

ひょっとしたら、パプア首相はこのジョークを知っていて「バカにするな」と怒ったのかもしれない(笑)。

こんなことわざを知っていれば、事無きを得たのになあ。


郷に入っては郷に従え(ごうにいってはごうにしたがえ)
Go knitwear going sitter guy.

順調なニットウェアー進行中の着席者奴。
音声はここ

解説
その土地の風俗や習慣に従うのが無難である。

英語の言い回し
When in Rome do as the Romans do.


これに対しての報復措置が面白い(?)
 首相は「このような扱いを受けたのは初めて」と怒り心頭。豪州政府が方針を改めない場合、対抗策としてパプアニューギニアを訪問する豪州側要人に同様の措置を取ると“警告”している。


武力制裁、経済制裁といろいろある中で、靴脱ぎ制裁...いいかもしれない(不謹慎発言)
posted by nemota at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

サザエさん♪

昨晩、子供と一緒にサザエさんを観ながら、即興で作ってみました。
「♪お魚くわえたドラ猫」ってやつです。相変わらずバカですいません。

サザエさん

Oh soccer now quite drag neck,
all cock eighty,
her dash day cock and tech,
Yankee now southern answer.
mean now got water tell,
officer man more water tell,
roux roux roux roux roux room,
can more in ten key.

おお、全く抗力の首、コック80、彼女のすべてのダッシュ日の現在がふんぞり
かえらせるサッカーと技術者、ヤンキー。現在の南答え。
現在が水を手に入れた平均は言います。
より多くの水が言う役員の男性(ルールールールールー部屋)はさらに10キーで
そうすることができます。
(ATLAS 英日・日英翻訳)

音声はここ
posted by nemota at 12:46 | Comment(4) | TrackBack(1) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

やっぱり...

サッカー代表、イラン戦。
前回書いたように、真価が問われた試合となりました。引き分けの勝ち点1も取れなかった。ハア〜(ため息)。まあ神通力では最終予選はままならないということです。

さて、これで日本は30日のバーレーンには確実に勝たなければならない状況に。ある意味、最終予選らしいといえばらしいですね。どっちにしてもフランスW杯最終予選のような国中大騒ぎになってしまうのではないかなあ。

どうもジーコジャパンに対しては今ひとつ熱くなれない。
この後に及んでもやっぱり「場当たり起用&采配」にどうしても映ってしまうのです。
posted by nemota at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

ジーコジャパン、この一戦にあり

まもなくイラン戦、キックオフ。
ジーコジャパンの真価が問われる一戦といっていいだろう。
今までのような神懸りな勝利よりも、引き分けの勝ち点1でもいいから納得の行く内容を期待したいものだ。

真価が問われる
Thinker got toward rail.

思想家はレールに向かって得ました。
音声はここ


そんなわけで今日は簡単に。
posted by nemota at 22:06 | Comment(2) | TrackBack(1) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

日本代表に立ちはだかるもの

いよいよ明日サッカー日本代表が最大の敵、イランと対戦する。

日本、25日敵地イラン戦 W杯最終予選の第2戦

2月9日の最終予選初戦の北朝鮮戦で白星発進した日本は、イランから敵地で勝ち点を奪えば、予選突破へ大きな前進となる一戦。逆に初戦のバーレーン戦を引き分けたイランは、地元で負けられない。
 イラン協会は試合当日の同競技場2階席の無料開放を決め、収容10万人のスタジアムは圧倒的な数のイランサポーターで埋まりそうだ。



収容10万人かあ。イランは厳格なイスラム国家なので、女性の観戦は許されていないそうだ。となると、競技場は10万人の野太い声で応援する男たちでいっぱいということになる。これほどむさ苦しい状況はないだろう。日本が注意したい点はそのむさ苦しさではないだろうか(笑)。


男女の区別といえば、こんなことわざが日本(中国)にもあったなあ。


男女七歳にして席を同じうせず
Dan Joe sits signing city, sacking on owner juicers.

所有者でジューサーを袋に入れて、ダン・ジョーは、都市にサインしながら、座ります。
音声はここ


解説
男と女は7歳になったら、男女の区別を厳しくしなければならない、という儒教の教え。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
If it becomes 7 years old, you should distinguish man and woman strictly.



しかし...4バックかあ。
posted by nemota at 17:50 | Comment(2) | TrackBack(1) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

だから観覧車はこわい

私はこう見えても(?)高所恐怖症なのである。

高層ビルの展望フロアで地上を見ると足がすくんで、背中に悪寒が走り、ゴクリとつばを飲んでしまうクチだ。
だったら見なければいいではないかと?
いやつい見てしまうのだから仕方がない(笑)。


そんな私に恐怖以外の何ものでもないニュースが飛び込んできた。

<福岡沖地震>大観覧車の扉、振動で開く 誤作動の恐怖

 福岡沖玄界地震で、福岡市西区の商業施設「マリノアシティ福岡」に隣接する「エバーグリーンマリノア」の大観覧車(高さ120メートル、直径112メートル)のゴンドラ2基が地震当時激しい揺れで誤作動し、乗客が乗っていたゴンドラのうち、少なくとも2基の自動扉が開いていたことが分かった。観覧車は数分停止した後始動したが、2基のゴンドラは地上に着くまで約20分ほど扉が開いたままだった。同観覧車の高さは、世界第2位という。


自分がその観覧車にのっていたらと想像しただけで...。うわーあ嗚呼(阿鼻叫喚)


遊園地に行くと、息子にせがまれて仕方なく観覧車に乗る。息子の手前、笑顔で楽しそうにしてはいるが、実は手の平には汗が...(苦笑)
それで真下など見た日にゃ、口から心臓が飛び出そうになるのだ。
だったら見なければいいではないかと?
いやつい見てしまうのだから仕方がない(笑)。

と、とにかく、私と観覧車の関係はこんなことわざで表されるのであった。

蛞蝓(なめくじ)に塩
Now make gene in show.

さてショーで遺伝子を作ってください。
音声はここ

解説
苦手なものに出会い、縮みあがること。

例題:Yahoo!辞書より
彼はまるでなめくじに塩をかけたようだった
He looked absolutely crestfallen.


とはいうものの、南の島でパラセーリング(モーターボートに引っ張られてパラシュートで高く舞い上がる)のは結構好きなのだが。私は本当に高所恐怖症なのだろうか。
posted by nemota at 12:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

いいじゃないか、幸せならば

前回の記事&コメントで、息子が「名陶芸家にして名サッカープレーヤー」になったら素敵だなあ、なんて書いたが... ふと、こんなことわざもあったなあ。(汗)

天は二物を与えず(てんはにぶつをあたえず)
Ten were knee-boots or tires.

10は、ロングブーツかタイヤです。
音声はここ


解説
天は、一人の人間に特別なものをいくつも与えない。よいところ、悪いところばかりの人間はいないということ。

外国人への解説
God does not give two gifts (to one person).


頑張れ、息子。何かの巨匠と呼ばれるその日まで(笑)! (byチューボーですよ)


とはいうものの、「偉くならなくていい、ただ幸せなら」というのが本心ですけどね。
posted by nemota at 14:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

いちご狩り&ろくろ回し

テレビドラマ「優しい時間」を毎週観ている。(今週最終回)
喫茶店のマスターの息子が陶芸に一身を捧げているシーンが毎回映し出されていた。

...のが影響したのかどうかはわからない。
今日、栃木県益子町に家族で陶芸の体験に行った。
その前に今の時期この町の名物でもある、イチゴ狩りに。(いちごを食いまくった息子)

P050320_1050

その後、いよいよ、本日のメインイベントである、ろくろを回しに向かう。

P050320_1229

息子は説明を聞いた後、ろくろを操り、40分で6つくらい陶器と作ってしまった。
うーん、「生まれ持った才能?」 なんていう言葉を思い浮かべてしまう(親バカ)。
なんなら陶芸が趣味のサッカー選手(本人の夢)を目指して欲しいものだ。(バカ親)

それはそうと、益子焼の益子ってこんなに近いところにあったとは...
てっきり九州の方だろうなんて思っていた。これが私にとって今回の収穫なのであった...(単なるバカ)
posted by nemota at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

さらしていたメアド

最近とみに迷惑メールが増えてきている。

「Subject: 逆援助会う前にお金が手に入る!!」
「 Subject: 隣の奥さんの本音でました!☆アンケート結果☆」
「Subject: 普段は大人しい女性でも裏では・・・」
なんていうメールがバンバンと。

考えてみるとこのブログを始める前は皆無だった。別のセカンドメールには全然来ないことから考えると、どうやら原因はやはりブログにあるようだ。

と考えて、ハタと思い当たった。恐る恐るこのブログのプロフィールページを見ると...
あちゃー、「コンタクト」欄にニフアドレスのメール送信を律儀にも掲載(晒して)しているではないか!きっとこれが原因だったのだ。

ということで掲載をやめて、「コンタクト」をYahooIDに変更。


って、こんなこと、いまさらやったって遅いよなー。


遅かりし由良之介(おそかりしゆらのすけ)
Also curry see your runner scan.

また、カレーは、あなたのランナーがスキャンするのを見ます。
音声はここ
posted by nemota at 17:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

野球の仇を放送局で討つ

ライブドア、フジ株33・4%以上の取得検討

世論の大半は「ライブドア頑張れ」という声が多いが、これは「既存メディアに風穴を!」という期待よりも、

どうやら、
「なんだか面白そう! ヤレヤレー、もっとやれー、ホリエモン」というのが本当のところなんだろうなあ。
プロ野球に参入できなかったライブドアに対して判官びいき的なところもあるだろう。
それでもやっぱり大半は「なにかをしでかすホリエモン」を面白そうだから見ていたい、が本音なのだ。

というような慣用句をひとつ。

高見の見物
Tack amino can boots.

アミノの缶ブーツを鋲で留めます。
音声はここ

解説
利害関係のない立場で、興味本位に眺めること。

Yahoo!辞書
高みの見物をする
remain 「a mere [an idle] 「spectator [onlooker] / stand by idly (and watch)


とは言うものの野次馬根性で応援していたはいいが、いざライブドアが優勢に立ったことで、「ありゃりゃ、ホントにライブドアでいいのかあ」なんて思う人もいるのである。


●おまけ
野次馬根性
Yeah German corn Joe.
うん、ドイツのとうもろこしジョー。
音声はここ
posted by nemota at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

花粉症の方に捧ぐ

今日もスギ花粉がハンパではなく大量に飛散しています。
今年は子どもたちまでも花粉症になってしまうほどの花粉量。
いつになったら治まることやら。

ところでこんなことわざ(言い回し)があります。

桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿(さくらきるばか うめきらぬばか)

意味
桜は枝を切るとそこから腐りやすいので切ってはいけない。
梅は切らないと無駄な枝が伸びて翌年花が咲かなくなる。

剪定(せんてい、手入れ)の違いを表現した言葉ですね。



それはそれとして...このことわざに、
こんな表現を新しく付け加えましょう。全国のスギ花粉症被害者になり代わって。

杉植えた馬鹿(すぎうえたばか)


ではこの新しいことわざをごいっしょに!(笑)

桜切る馬鹿 Circle kill backer.(円で、後援者は死にます)
梅切らぬ馬鹿 Would make in runner backer.(ランナーの後援者では、作るでしょう)
杉植えた馬鹿 Singing waiter backer.(給仕の後援者を歌います)

音声はここ
posted by nemota at 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

アミノサプリのほったいも

ゆうけいさんからいただいたこのコメントから、アミノサプリのCMで「ほったいも」をやっていると知りました。

おお、これですか。題材は「言わずもがな!」


iwazumogana

 (ユ ワ ズ モ ガ ナ)
Your eyes're more gonna・・・
あなたのeyes're、より多くの進行、に(逆翻訳)
音声はここ


うーん...聞こえるかあ? 
ほったいも道場参加者のほうがレベルは断然上とみた。


ということで、このほったいも流の「言わずもがな」を。


言わずもがな
It was more Ghana.

それはより多くのガーナでした。
音声はここ


>広告代理店の方
ご相談いただけたら、喜んでご協力したのはそれこそ「言わずもがな」だったんですけど(笑)。
posted by nemota at 13:05 | Comment(4) | TrackBack(1) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

魔法の鉄鍋

我が家はキャンプ好きである。
昨年のクリスマス、家内の実家からプレゼントされたのが「ダッチオーブン」。いえい!
なので昨日の休日、家内の実家の庭で使い初めをした。


dutch1

ダッチオーブン&七輪というのがいいでしょ(笑)


作ったのは「パエリア」

dutch2


う、うまい、大成功! これはキャンプ場でも活躍しそうな道具だ。
でもメンテが大変そう...

参考URL
posted by nemota at 16:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

「一日一善」が泣いている

「一生飲まない」…中西衆院議員が謝罪会見

中西一善国会議員の破廉恥事件、いろんなブログで相当とりあげられたことだろう。「一日一善」が彼のキャッチフレーズなだけに誰もがつっこみやすいというか、なんというか。

「一日一善」・・・

そういえば昔こんなテレビCMがあった。
テレビの中で「♪戸締り用心、火の用心。一日一善!」と、その(堤義明級の)とても胡散臭いヤツが叫んでいた。(その息子も今や国会議員...) そのCM以来、本来良い意味であるはずの「一日一善」が、悪いイメージの言葉になってしまった、個人的に。
可哀そうな「一日一善」。。。

結論...
「一日一善」を声高に言うやつ(著名人)に「良い人間はいない」のである。(笑)
 
 
「戸締り用心、火の用心」
Toes marry your gene, he know your gene.

爪先はあなたの遺伝子と結婚して、彼はあなたの遺伝子を知っています。
音声はここ

「一日一善」
Itchy niche itchy then.

その後かゆいかゆいスキ間。
音声はここ



おまけ
「一生飲まない」
It show no money.
それ、金銭を示しません。

「一生」は実は「一升」のつもりだったりして。
posted by nemota at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

いらっしゃいませ!税務署へようこそ

税務署に確定申告に行った。時期なのでとても混んではいたが、とてもシステマティックになっていて待たされることはない。分らないことがあったので相談の人用の大部屋に通される。

そこでは、若い税理士があちこちにいて手を上げるとすぐにやってきて申告の手順などをテキパキと教えてくれるのだ。少しボーっとしているだけで、巡回している税理士が「分らないことはありますか」「どうですか」と声を掛けてくれる。

それはもう、ファミレスで「コーヒーお代わりいかがですか」と巡回しているウェイトレスなど目じゃないくらいのアプローチの速さである。

そりゃそうだ、この場合、客回転を上げなけりゃさばき切れないからなあ。

全然勝手が分らないおじちゃんおばちゃんなどにも、税理士が計算して記入させている。
「手取り足取り」とはこのことだ。
だからといって税務署が好きになったか、というとそうではないのだが(当たり前)。


手取り足取り
Territory are story.

領土は話です。
音声はここ


解説
細かいところにまで行き届いた世話をするさま。何から何まで丁寧に教えるさま。

Yahoo!辞書・例文
彼は手取り足取り泳ぎ方を教えてくれた
He took me by the hand and taught me step by step how to swim.

 
 
posted by nemota at 22:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

MOTTAINAIとほったいも

maathai

ノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイさんが、日本語の「もったいない」に感銘を受けて、世界共通語として「MOTTAINAI」を広めようと運動をしている。

それって、この「ほったいもいじるな」と趣旨が似てなくないか?(笑)。
試しにこの「MOTTAINAI」を音声ソフトで聴いてみた。

「MOTTAINAI」
音声はここ
「モッテイネー」
これだと枡酒の酒をこぼして舌打ちしている親父みたいだなあ。


ということで、ほったいも流変換を.

もったいない
Motor in nine.

音声はここ


マータイさんが提唱したのだから、ご自身の名前、マータイ(MAATHAI)を使ってみたらどうだろう。

MAATHAI nine.
音声はここ
マータイナイではなく、モーセイナイ...かあ。残念!


どうでもいいけれど「もったいない」と「ほったいも」って語感も似ているなあ。
posted by nemota at 17:33 | Comment(2) | TrackBack(1) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

家族でドミノ?



昨日、水族館からの帰りの電車。
目の前のシーンを見て横にいる息子に囁いた。
「人間ドミノ倒しみたいだね」

domino


息子、身をよじって笑いこける。

「家族でどこかに行って疲れて寝ちゃったんだね」と、なんだか微笑ましいので失礼ながらカメラ付きケータイでパチリ。


ところが...この3人、違う駅でそれぞれ降りていくではないか。
そう、この人たちは家族でもなんでもなかったのだ。
まったくもう、紛らわしい赤の他人だ(笑)。

赤の他人
A cannon turning.

大砲ターン。
音声はここ
posted by nemota at 12:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

魚は水の中で飛んでいる

今朝、息子がいつものように布団にもぐり込んできた。そして「今日、水族館に行きたいな」と甘えてきた。

sakana彼は水族館好きだ。家内が言うには「大人が定期的に無性にカレーライスが食べたくなるのと同じで、彼の場合、無性に水族館に行きたくなる」のだそうだ。そういえば、私も子供の頃も水族館が好きだったなあ。

今日は家内が家で仕事。というわけで朝食後、息子と「品川水族館」へ。この水族館は「トンネル水槽」が目玉である。トンネル水槽では自分の真上をエイやカメがそれこそ飛ぶように泳いでいる。そう、水の中では魚は泳ぐというより、飛んでいるようなのだ。そんなちょっとした異空間を味わえて楽しい。
やっぱり私もまだ水族館が大好きなのだ。



では、水と魚ということでこんなことわざを。


水魚の交わり(すいぎょのまじわり)
Swing your normal jewelry.

標準の宝石を振ってください。
音声はここ

解説
水と魚の関係のように、非常に親密な友情や交際を喩えていう言葉。

Yahoo!辞書の「例文」
二人は水魚の交わりを結んでいる
The two are 「close [fast] friends.
posted by nemota at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ココログ容量が増えて

話題は古くなりますが、ココログ、各コースの容量を増やしてくれました。といっても、ベーシックなくせにこのブログはまったく切羽詰ってはいなかったのだけれど。
ディスク容量増量後は、


現在ご利用中のプラン: ベーシック
ご利用可能なディスク容量: 50 メガバイト
ご利用中のディスク容量: 13.808 メガバイト (27.62%)
ココログのご利用開始月: December 2003


ココログのアナウンスにこうありました。
もちろん、最大ディスク容量の増量をもって、ディスク容量の件を終了とするつもりはございません。本件に関しましては、今後 3ヶ月をめどに、順次対応と告知を行っていく予定でございます。


とにかくココログユーザーにとってはこれで一安心。
まさに「大船に乗ったよう」ですね!
ということで、

大船に乗ったよう
Oven any not to you.

オーブン、あなたへのいずれでもあるというわけではない。
音声はここ


ええっ?、なんだこの奥歯に物がはさまったような逆翻訳は。
全然大船に乗ってないようなのが気になる...(笑)


「大船に乗って酔う」なんていうベタなシャレもありますが、はい。
posted by nemota at 00:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

神の手

今、ジュビロ対FマリノスをTV観戦中。
終了直前に、ジュビロが1点。
なんと福西の「神の手」(ハンド)によるゴール...のようだ。
なんか物議をかもし出しそうだ。

追記 3/8
あのハンドゴールは「西」ではなく、「福西」だったようで。
大いなる勘違いでした。なので本文、コメント欄を「福西」に訂正。
posted by nemota at 17:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

無垢の愛情

TVで映画「アイ・アム・サム」を見た。

親が子供に抱くのは「いろんな愛情」。「いろんな」はそれこそ人それぞれだ。
しかし、小さな子供が親に抱くのはみな「無垢の愛情」。


この映画で父親サムが持っているのも「無垢の愛情」。それだけだ。
それでいいじゃないか。それがあるだけで充分ではないか?



「アルジャーノンに花束を」(ダニエル・キイス)をまた読み返したくなった。
posted by nemota at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ズバリだった週間予報

昨日ひな祭りで春らしい、なんて書いていたら一転、今日は大雪。
月曜日に金曜日は雪と予報していたがまさにドンピシャリ。気象庁は鼻高々でしょう。
雪といえば、こんな句をどうぞ。


降る雪や 明治は遠くなりにけり 中村草田男
Fool you can, major talk nary nickel.

あなたがそうすることができる馬鹿、少佐はニッケルについて全く話しません。(ATLAS 英日・日英翻訳)
音声はここ
posted by nemota at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

梅に鶯

今日はひな祭り。
なので軽く春らしい慣用句を。

梅に鶯(うめにうぐいす)
Would menu grease.

メニューはグリースを塗るでしょうか?
音声はここ

解説
良い取り合わせの例。

外国人への解説(nifty翻訳ページより)
The example of a good combination
posted by nemota at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

昔なら「果し合い」という

知らなかった。「決闘罪」なんていうものがあったとは。それも明治の頃からの法律だなんて。

決闘容疑で中3男子ら逮捕=全国で3年ぶり適用−警視庁

「中学生同士がルールを決めて1対1で殴り合いをしたとして、」とあるが、
「へえ、それはそれで素晴らしい」なんて思っちゃいけないわけだね。

ルールまで決めたなら、いっそのことグローブを使えばよかったのでは?
それなら「これは決闘ではなく、拳闘(ボクシング)です」と言い張れた(?)。



売られた喧嘩は買わねばならぬ(うられたけんかはかわねばならぬ)
Wool are rental Ken cower, cow were never now runner.

羊毛によるレンタルのケンが竦まるということである、現在、牛は決してランナーではありません。
音声はここ


ルールを決めた殴り合い...かあ。
マウントポジションからガンガン顔を殴りつける格闘技のほうがよほどこの決闘罪が適用されそうな気がするが。

おまけほったいも
果し合い
Heart shy.
(内気な心臓)
posted by nemota at 15:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

オレンジ色のにくいヤツ!(古)

息子(小2)が最近口ずさんでいるのがオレンジレンジの歌。特に気に入っているのが、あの「以心電信」。

家にはCDなどないし、歌番組も見ていない。なのに彼は歌詞をほとんどソラで覚えてしまっている。学校で流行っているのだろう。「門前の小僧習わぬ経を読む」とはこのことだ。

そんな彼を見て、一昨日、家内がオレンジレンジのCD「musiQ」を買ってきてやった。それから飽くことなく繰り返し聴いて歌っている。時に踊りながら。


以心伝心(いしんでんしん)
Is scene dancing?

場面は踊っていますか?
音声はここ

解説
この歌詞(以心電信)をどうぞ。




オレンジレンジ...
しかし、どこかで聴いたようなフレーズが耳につくんですけど。
と思って検索してみたらあった。やっぱり...
なんだ、巷ではよく知られていることなんですね。へえ。
posted by nemota at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(2) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。