このブログでは、ことわざ、慣用句、俳句など日本語の音を
●英単語に置き換え(ほったいも変換)て、
●それを強引に日本語に翻訳(逆翻訳)し、
●さらにほったいも変換した音声も聴くことができます。

2006年05月26日

ジーコジャパンへ魂と祈りを

ジーコジャパンがドイツへ向けて出発した。
いよいよ本番だ。

ジーコ監督は出発前にも「優勝を狙う」と言った。大風呂敷を広げる?、いやそれは適切ではない。大見得を切ったのだ。

大見得を切る(おおみえをきる) 
Warming air kill.

温暖化空気殺し。
音声をダウンロード




【意味】
大袈裟なしぐさや言葉によって自信のほどを示し、相手を圧倒する。


いまとなっては彼の言葉を信じる、信じないの段階ではない。ただただ、我々は魂と祈りを彼の地へ送るだけである。

だからこの後におよんで「どうせ負ける」と思ってはいけない。
そんなことを思ったら松木安太郎に怒られるはずだ。
血走った眼でこういう風に。


勝つに決まってんでしょっ!
Cuts Ricky Martin dasher!

カット、リッキー・マーティンの突進物!
音声をダウンロード




リッキー・マーティンといえば、「アーチーチ、アーチィ」のあのプエルトリコの歌手だ。そういえばヒロミGOが歌って日本でもヒットしたな、あの曲。
posted by nemota at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

ナビスコ杯Fマリノス戦

ナビスコ杯Fマリノス戦

伸二もアレックスも坪井もいないけれど、やってきました埼スタ。天気が良くて気持ちいい。


でも敵ながらドラゴン久保がみたいなぁ。
posted by nemota at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

ほったいも版「ダ・ヴィンチ・コード」

レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に秘められた謎と秘密の暗号等々...
話題の映画「ダ・ヴィンチ・コード」が公開され、早くも話題騒然となっている。


しかしダ・ヴィンチ・コードはそれだけではなかった!続きを読む
posted by nemota at 16:58 | Comment(6) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

幻の世界記録

すべてのアスリートにとって、またスポーツ好き人間にとっても、陸上100m世界記録というのはやはり別格なのだと思う。「人類最速」という称号が与えられるのだから。

先日、ガトリンの優勝タイム9秒76が計時ミスのため訂正されて、世界新記録から9秒77の世界タイ記録になってしまった。

「世界記録樹立、バンザイ!」が一転、こんなことになろうとは、さぞや無念だろう。


バンザイはなしよ by 欽ちゃん
Banzai wanna show.

万歳、示したい。
音声はここ

今やこんなフレーズ知っている人は少ないんだろうな。
posted by nemota at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

消える魔法の靴

日本代表FWに選出された巻選手の言葉。

「努力は人を裏切らない」

いい言葉だなあ。彼だから言えた言葉ですね。

努力は人を裏切らない
Doll your quad hit on ragging run nine.

おめかししている走力9にぶつけられるあなたの中庭を飾りたててください。
音声はここ


それはそうと、こんなニュースも飛び込んできた。
世界初!?巻“緑色”消える靴でゴール狙う


緑の芝と同じ色のスパイクだそうだ。保護色なので消えて見えるということらしい。
これはあの「消える魔球(大リーグボール2号)」by 巨人の星 と同じ理論ではないか(笑)

これでゴールを量産したら...
星飛雄馬ではないが、こんなセリフが巷で飛び交いそう(?)。


俺は今、モーレツに感動している!
only wine man, more let's need candles tale.

単にワイン人、もっとろうそく物語を必要としましょう。
音声はここ
posted by nemota at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

代表23人を変換してみた

昨日、固唾を飲む中、23人のサムライがついに発表された。
なのでここでも変換して発表してみたい。ジーコといい勝負の「発音」かも。続きを読む
posted by nemota at 18:08 | Comment(3) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

日本代表FW・サバイバル戦

今日はサッカー日本代表・W杯最終選考前の試合、スコットランド戦。
キリン杯で優勝がどうのというより、日本中の視線は誰が生き残るか、という点に尽きる。

特にFW陣である。
当落線上にいると言われる玉田、巻、佐藤。非情ではあるが、この中から選ばれても一人だろうし、一人も選ばれないことも十分ありうる。

それでも最後の最後、どんなパフォーマンスをジーコに見せられるか。楽しみである。


人事を尽して天命を待つ 
Ginger took city ten mayor mats.

ジンジャーは、都市に10枚の市長マットを持っていきました。

音声はここ

追記 5.15
ああ書いたけれど、結局、玉田と巻が選ばれた。そして久保が落選。
そういう意味では個人的にはちょっとサプライズな選出。
posted by nemota at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

バカ親大集合!

唖然、呆然、目が点、開いた口がふさがらない...
いろんな言葉を総動員してもこのサイトを表現しきれない。
とにかく、親バカならぬバカ親たちに絶句...。

子供の名付け(命名)DQN度ランキング


「自分のバカさ加減を子供の名前を通してバラしている」のが、やっぱりバカ親という人種には分らないのだろう。

あら、「当て字」を使っているという意味ではこのブログも目糞鼻糞かも...orz




ではあまり関係ないが、こんな慣用句を。


親の欲目(よくめ)
Oh yeah New York men.

おお、はい、ニューヨークの人。
音声はここ


【意味】
親は我が子可愛さのあまり、実力以上に評価すること。
posted by nemota at 15:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

世界笑いの日

昨日がそんな日だったとはちっとも知りませんでした。


インド 男性たちが大笑い!?その訳は…

 インドの首都・ニューデリーが7日、笑いに包まれた。
 市内にある公園では、集まった男性たちの笑い声が響いていた。なぜ男性たちは笑っているのかというと、実は大声で笑うことが目的だという。5月の最初の日曜日は「世界笑いの日」だそうで、インドのヨガ団体が8年前に提唱した。

 笑うことでストレスを発散し、酸素を多く取り込んで体を活性化させる効果があるということで、今では世界で5000以上の団体がこの健康法を実践している。



笑う門には福来たる
Water woo cad near hook kettle.

水、ホックやかんの近くの礼儀知らずを口説きます。
音声はここ


「世界笑いの日」が世界的に広まったら―、
「この惑星の住人は、意味もなく笑う日があるらしい。」とトミー・リー・ジョーンズにそっくりな宇宙人はつぶやきそうだ。
Boss
posted by nemota at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

横浜

20060507




連休最終日、家族で横浜に来た。


追記
友人一家が行けなくなったので、チケットを譲ってもらい、これを観てきました。
筋肉(マッスル)ミュージカル

20060507b



まあ、なかなか楽しいショーではありました。ミュージカルというより、音楽付きのパフォーマンスショーですね。
posted by nemota at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

丹沢キャンプ

3〜5日の2泊3日で丹沢にキャンプに行ってきました。
天気に恵まれてよかったです。

Tanzawa


Tanzawa2
posted by nemota at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

八十八夜

昨日は真夏のような陽気でしたが、今日は一転肌寒ーい。
とはいうものの本日は八十八夜です。

八十八夜


そんなわけで、懐かしい文部省唱歌を変換してみましょ。


茶摘

  夏も近づく八十八夜、
  野にも山にも若葉が茂る。
  あれに見えるは茶摘じゃないか。
  あかねだすきに菅の笠。


Nuts march cousin cool hatch jewel her cheer.
No need more yeah money more worker burger see gale.
A rainy mail were chats me Jamaica.
A cunning does skinny sugar no cancer.
音声はここ


ナッツ行進いとこ涼しさハッチは、彼女の歓呼を宝石で飾ります。
より多くのはい金を少しも必要とする、労働者バーガーは、強風を見ます。
雨のメールは、チャットでした私ジャマイカ。
狡猾さは、ガンをやせこけた砂糖にしません。
posted by nemota at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

新庄の襟付きシャツ

新庄がまたしてもやってくれました。

日本ハム新庄の襟付きシャツが思わぬ波紋


 ソフトバンクと新たな遺恨? 日本ハム新庄剛志外野手(34=SHINJO)が4月30日のソフトバンク戦で着用した襟付きシャツが思わぬ波紋を呼んだ。試合前に審判団に着用の許可を取り付けていたが、ソフトバンク側は「少年たちに悪影響を与える」とご立腹。この日は金村への暴行で処分が下されていたズレータの謹慎が解かれたが、今度は「襟問題」が降ってわいた。試合は日本ハムが敗れ、4位に転落。楽天を除き、5球団が5割以上となり、いよいよ混戦様相となってきた。
 引退するのなら、襟を正せということか。新庄ファッションにクレームが付いた。この日はユニホームのボタンを上から2つ外し、その下にポロシャツ風練習着を着用。だが何と、襟がセクシー? 胸元が、大胆すぎるほど出ていたのだ。


新庄って頭の中もファッションセンスもラテンなんですね。それとも一足早い彼なりのクールビズなのか?
とうことで、続きを読む
posted by nemota at 13:02 | Comment(4) | TrackBack(1) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。