このブログでは、ことわざ、慣用句、俳句など日本語の音を
●英単語に置き換え(ほったいも変換)て、
●それを強引に日本語に翻訳(逆翻訳)し、
●さらにほったいも変換した音声も聴くことができます。

2007年10月31日

残り物には赤福

最近、食品の表示偽装が相次いで発覚している。
ミートホープ、白い恋人、比内地鶏、赤福、そしてそのライバル御福餅までとゾロゾロ出てきている。こんなのは「氷山の一角※」なのだろう。

赤福の偽装が明るみに出て営業禁止処分を受け、一方の御福餅はその影響で生産に追われるほど大人気になったとか。まさに「棚から牡丹餅※」だったのだろうか。しかし御福にも同じような偽装が発覚。もう笑うしかない。

それにしても赤福と御福餅。
「残り物には福がある」ということわざがあるが、残り物を使った赤福&御福には福はなかったようだ。


残り物には福がある(のこりものにはふくがある)
No calling mono near hook girl.

訪問しているモノフォニックの近いフックの女の子でない。










【意味】
人々が残して最後に残った物には、思わぬ利得があったりするものだ。


しかし、このことわざを食品に限っていうならば、「残り物には禍がある」である。



●関連記事
・棚から牡丹餅(たなからぼたもち)のエントリ

・氷山の一角(ひょうざんのいっかく)のエントリ
posted by nemota at 14:54 | Comment(2) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

友人の友人は...

「友人の友人はアルカイダ」=面識はないと釈明−鳩山法相

 鳩山邦夫法相は29日午後、日本外国特派員協会で記者会見し、改正出入国管理・難民認定法が11月施行されることに関し、「わたしの友人の友人が(国際テロ組織の)アルカイダだ。会ったことはないが、2、3年前は何度も日本に来ていたようだ」などと語った。日本に入国する16歳以上の外国人に指紋採取などを義務付けた同法の意義を強調する中で飛び出した。
 法相は「(友人の友人は)毎回いろんなパスポートとヒゲで(変装するので)分からないらしい。そういう人が日本に平気で入って来られるのは安全上好ましくない」と強調。「彼は(2002年の)バリ島の爆破事件に絡んでいるが、バリ島中心部は爆破するから近づかないようにというアドバイスを(友人が)受けていた」とも述べた。
 一連の発言について、法相は会見後、コメントを発表。「同好の士である友人から聞いたことがあり、友人の話として申し上げた。わたし自身は(テロ)組織の者と思われる者と友人でもなければ、面識を有するものではない。友人の話の真偽は確認していない」と釈明した。 



最初このニュースを聞いた時、「なんでそんなことを自慢するんだ!」と不思議だった。「俺の従兄弟の友達が芸能人なんだぜ♪」というノリ? と思ったのだ。
だが、ふむ、なるほどそういうことだったのか。


昔、笑っていいともでこんなフレーズがあったが...

友達の友達は皆友達だ。世界に広げよう友達の輪
Tom Dutch know Tom Dutch warming now Tom Dutch dad.
Sky need hero gay on, Tom Dutch know wow.

トムオランダ人は、現在トムオランダ人のおとうさんを暖めているトムオランダ語を知っています。必要英雄ゲイを高く上げてください、トムオランダ人は大当たりを知っています。







posted by nemota at 13:27 | Comment(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

キング・オブ・諸悪の根源

沢尻エリカよりも、亀父よりも、絶対謝らないこいつ、ナベツネが「キング・オブ・諸悪の根源」だと思う今日この頃。


巨人渡辺会長「CSくだらん」

 巨人の渡辺恒雄球団会長(81)が22日、都内のホテルでクライマックスシリーズ(CS)第2ステージで屈辱の3連敗を喫し、今季の幕を閉じた原巨人に対し、不満を大爆発させた。まずはCSの存在を否定し、原監督と中日落合監督の采配を比較して敵軍の監督を持ち上げ、自軍の監督をこき下ろした。さらに、ふがいなかった外国人選手にも怒りの矛先は向き、フロント批判まで展開する暴走ぶりだった。
 大勢の報道陣が集まったホテルのフロアで、渡辺会長のダミ声が響き渡った。5年ぶりのリーグ制覇を果たしながら、CSで3連敗して日本シリーズ出場権を逃しただけに「制度がよくない。リーグ優勝はなんの意味もない。おれがオーナーの時は絶対に反対した。誰がどうしたか知らねぇが、こんなくだらん制度をつくった」と次から次へと不満をぶちまけていった。
 CS制度の次にやり玉に挙がったのが、原監督の采配だった。第2戦に投手の川上にバスターを決められたことを挙げて「これは作戦ミスだよ。作戦ミスが3日続けば負けるんだよ。ベンチワークが敗因か? それもある。あいつがしっかりしてるんだよ、落合が。落合の方が頭が良かったんじゃないかな」と一気にまくし立てた。「原君もリーグ優勝したんだから。来年に向けて戦力を補強して。来年は勝ち抜くことだ」と、散々こき下ろした後に、フォローにならないフォローをした。
 返す刀で、フロント批判も展開した。不振続きの外国人補強に言及。「こんなバカな状況で補強しないでいられるか。おれは十何年、言い続けているが、ろくな外人がいない。クロマティ、ちょっとローズとペタジーニぐらい。全部間違っている。それが分からねぇ、フロントがどうかしてるわな。だから負けるべくして負けるんだよ」とめった切り。「これを教訓にして来年、生かせないようなら、巨人はおしまいだな。だけど、おしまいになると、野球が全部つぶれるな」と時折、声を荒らげながら、約7分間の“大演説”を締めくくった。

  確かにCS制度の改革の余地はあるが、敗戦が決まった直後での批判は負け惜しみ以外のなにものでもない。ましてや球団トップの人間が、自軍の監督批判は論外。シーズン中間報告やリーグ優勝報告では絶賛していた原監督の采配も、たった3試合のCSでの敗戦で、あっさり手のひらを返して猛批判。白けムードが漂った。大権力者の傍若無人な発言がチームの士気を弱め、巨人人気を低迷させていることに、まだ気がついていないようだ。



これを書いたニッカンスポーツの記者さんに座布団2枚あげとくれ。続きを読む
posted by nemota at 16:28 | Comment(2) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

我思う ゆえに我あり


 1:日本語の言い回しなど 2:ほったいも変換 3:逆翻訳

?部分(ほったいも変換、音声、意味等)は後ほど掲載します。



1.我思う ゆえに我あり
2.Worry of more, you any worry early.
3.より多くの心配してください、あなたは早く少しも心配します。










【意味】
「自分はなぜここにあるのか」と考える事自体が自分の存在証明である

っていうようなことをデカルトは真剣に考えていたのか...哲学って難しい。
posted by nemota at 13:32 | Comment(2) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

和解の酒

世間はいまだ亀田問題で騒々しいが、試合中継をみていて「オー!」と思ったシーンがあった。試合中継のCM中に、たった1回(かな?)黄桜のCMが流れたのだ。
このCMはオンエア前にちょっとした話題になっていたが、初めて見たのだった。

28年前のプロ野球「空白の1日事件」。
当事者だった小林繁と江川卓が初めて会って酒を酌み交わす、というもの。
当時を知る者にとっては、感慨深い、感動もののCMである。

江川による「空白の1日」は今回の亀田戦のように社会を巻き込んで大騒動となった。
そんなCMが内藤亀田戦のラウンドの合間に差し挟まれていたのは、なんとも象徴的である。


あの「空白の一日」から28年。2人が、初めて言葉を交わした!!


和解の酒 メーキング@


和解の酒 メーキングA



動画最後の江川の感極まった表情を見て、あの空白の一日がきっかけで阪神ファンに鞍替えした私はこう思った。
「江川、わかった、もう許そう」と。
posted by nemota at 16:03 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

亀が...

まさか切腹ではなく、こんな方法で???と一瞬思ったぞ。

亀が特急止める 線路ポイントに挟まれ圧死

 12日午前10時5分ごろ、長崎県諫早市高来町のJR長崎線で、湯江駅近くにある線路のポイントが切り替わらなくなった。JR九州長崎支社が調べたところ、ポイントに亀(体長25センチ)が挟まったのが原因と分かった。このトラブルで、上下の特急列車3本が46〜10分遅れ、約800人に影響した。
 同支社などによると、列車運行を管理しているJR九州博多総合指令所が、湯江駅近くの信号が赤から青にならない異常を感知した。同駅手前を走行中の博多発長崎行きの特急「かもめ」が同駅を通過しようとした際、本来は「青」になっている信号が「赤」だったため緊急停止した。
 運転士が線路内に降りてポイントを調べた結果、線路が分岐するレールとレールの間に挟まった状態の亀を発見した。亀を取り除いて、46分後に運行を再開したが、列車3本が遅れた。亀は間もなく死んだという。



時期が時期だけに、まぎらわしいったらありゃしない。

●関連エントリー
亀の甲より年の功

そうそう、亀次男対ベテラン内藤の戦いはまさにこのことわざが当てはまりそう。
posted by nemota at 19:52 | Comment(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

ある意味、弁慶の立ち往生

チャンピオン・内藤大助が浪速の弁慶、亀田次男に勝った!
あれだけのポイント差、亀田は何も出来ず。まさに「弁慶の立ち往生」だった。

弁慶の立ち往生
Ben came no-touch all Joe.

ベンは、ノータッチのすべてジョーに近付きました。













事前にやっておいた「Yahoo!ズバリ予想」が的中したが、あれだけの力差があったのでは当たっても自慢にならんね。

Naitou


しかし亀田次男には負けた後でも、やっぱり弾き語りしてその厚顔無恥ぶりをみせて欲しかった。
それにしても、亀田一家って究極のDQN一家だな。あとTBSも。
posted by nemota at 22:16 | Comment(4) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テスト1

テスト記事1

記事投稿日時を過去に設定した場合。
posted by nemota at 15:01 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

芸術は長く、人生は短し

先日の日曜、映画「エディット・ピアフ 愛の讃歌」を観てきた。

伝説のシャンソン歌手・エディット・ピアフの壮絶な生涯を描いた秀作だった。
小さな身体から出るその声量、唯一無二の歌声。「バラ色の人生」や「愛の讃歌」は誰もが聴いたことがあるはず。スクリーンからほとばしる歌声にはただただ圧倒された。
愛を歌い続けた彼女の人生は短かった。が、その歌は永遠に聴き継がれるだろう。 


「芸術は長く、人生は短し」


彼女の歌が今もって色褪せず素晴らしいだけに、以前パチンコのCMにピアフの「愛の讃歌」が使われていたことがあったが、まったく何を考えているんだか。

とはいいながら、こんなほったいも変換をするのもどうかと思うが...続きを読む
posted by nemota at 16:47 | Comment(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

秋の夜長

なので、これを。



この曲、ステージングがずっと好きだった。

Since I've Been Loving You / LED ZEPPELIN
posted by nemota at 00:22 | Comment(2) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

別に、特にないです

話題の沢尻エリカである。
何を隠そう、つい最近まで名前と顔が一致しなかった私である。それくらい芸能関係にはウトいのである。とはいっても、先日のスマスマに彼女が出演した時に、クサナギ君が「桃尻さん」と呼んでしまったのには笑った。たぶんクサナギ君もそのへんのところにウトいのであろう。

とにもかくにも沢尻エリカのあの不機嫌な舞台あいさつをYoutubeでみたけれど、今はモンゴルに帰ってゆっくり静養したほうがいいと思ったのであった。

尻関連ということで、こんな慣用句をどうぞ。


尻が青い
Silly girl are owing.

愚かな女の子は帰すべきです。











【意味】
未熟な者のこと。一人前でないこと。子供の尻には青い蒙古斑があることから。
posted by nemota at 23:33 | Comment(2) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。