このブログでは、ことわざ、慣用句、俳句など日本語の音を
●英単語に置き換え(ほったいも変換)て、
●それを強引に日本語に翻訳(逆翻訳)し、
●さらにほったいも変換した音声も聴くことができます。

2008年01月30日

壊れゆくビデオ

自分が寝ている部屋にTVと古いビデオデッキがある。
以前はリビングのTV用にメインで使われていたビデオだったが、今ではサブで使われている。

このビデオときたら、だんだん壊れていっているのである。

まず最初にリモコンが壊れた。これは息子が幼児の時にいたずらして壊してしまったのである。ありがちなエピソード。
最近の電気機器はリモコンが壊れたら、ほとんど使えなくなってしまうものが多い。例えばエアコンなどはリモコンが壊れたら致命的だ。それでもビデオの場合、手動でもある程度操作は出来るからまだ良かった。

リモコンが壊れて出来なくなったのは留守録だった。設定が3倍モードのままだったから、サブのビデオとしてはまだ便利な機器だった。手動なら「同じチャンネルを今から何時間まで録画する」なんていう操作も可能だった。

ところが、そのビデオを寝室に移動した時に事態は一変した。

そんな便利な機能はリセットされてしまったのだった。

3倍モードが標準に。これでテープは120分なら2時間しか撮れないという事態に。
「同じチャンネルを今から何時間まで録画する」という機能も使えなくなった。(←これはなぜなのか分らない。その機能が壊れたのだと思う)

そんなわけで、だんだん使えなくなっていくビデオ。でもそれなりの使い方をすればまだまだいけるはずだ。

先日、TV初放映の映画「チャーリーとチョコレート工場」を撮ったのである。原作を呼んでいる息子と後で一緒に観ようと。そして撮られていたものは、吹替えではなくバイリンガルの英語版で録画されたものだったのだ。

これで、洋画は×となった。撮っても副音声のほうで録画されてしまう。

しかし、そうだ!年末に撮っておいた日本映画「武士の一分」があるではないか!これなら日本映画だから大丈夫だろう。あの檀れいさんが出演していて、時間がある時にゆっくり観ようと楽しみにしていた映画である。というわけで先日観てみた。

ところがセリフの合間に脚本のト書きがナレーションとして挿入されているのだった...
目の見えない方のための仕様として放送されたものだったのだろうが、これが全編にわたって入っているのである。副音声を録ってしまうビデオ。サッカー中継なども副音声のほうを録ってしまうのだろうな、きっと。

壊れていくこのビデオ。よし、こうなったら最後の最後まで付き合ってみよう。
posted by nemota at 17:30 | Comment(2) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

近年稀にみる面白いドラマ「SP」

リンク: 『SP』最終回の視聴率18.9%、深夜ドラマで過去最高(オリコン) - Yahoo!ニュース.

初回放送をビデオを撮りながら観ていたのだが、最初からはまった。なんだあ?この面白いドラマわ!?ってな感じだった。
もっと放送してほしかった。毎週楽しみにしていたTVドラマだったよ。

posted by nemota at 18:04 | Comment(2) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

トレセン

トレセン
朝からトレセン。寒い中走り回る浦和のサッカー少年たち。
この中から選抜されて編成されたチームがこの春全国制覇を目指す。
posted by nemota at 10:53 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

男子ってバカ

昨日、息子(小5)の授業参観に行った。
授業参観は単に授業の様子を見るだけではない。子供が書いた絵や習字などの展示物を見るのにもいい機会なのである。昨日教室の後ろの壁に貼られていたのは習字だった。それぞれ子供たちが思い思いの字を書いている。僕らの頃は、決められた手本の字を書いたもので味気ないものだったが、最近では子供の自主性に任せているということなのだろう。

「へえ」と、ひとつひとつ見ていった。「平和」「希望」「歌声」などいわゆる普通なものは、まあ女子のものとすぐわかる。一方、男子はというと。
「投手」「完封」「一球入魂」
ははーん、少年野球団の子だな。

で、うちの息子は何を書いたのだ?と目を走らせ探してみる。見つけた。

続きを読む
posted by nemota at 16:15 | Comment(3) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

ほったいも百人一首-27(中納言兼輔)

Hi27_3
みかの原 わきて流るる いづみ川
        いつ見きとてか 恋しかるらむ 

Meeker known hurler, working tenor got rule, is miggle one.
It's Mickey totem car, coin see curl ram.







【歌意】
みかの原から湧き出てくる泉川のように、逢ったこともないあなたをなぜこうも恋しいのだろう。


【逆翻訳】
より素直な知られているハーラー、テノールが規則を得た働きはマリファナタバコ1です。
それはミッキートーテム車です、コインがカールラムを見ます。



会ったこともない女性を恋しく思う男...中納言兼輔。いわゆる恋に恋する男ってやつですか、こいつは。
posted by nemota at 17:37 | Comment(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

80'sPOPSを翻訳

このブログで活躍してくれているのが、逆翻訳担当のYahoo翻訳です。これがいつもステキ(?)な翻訳をしてくれるので、この「ほったいもいじるな」も一粒で2度美味しくなっています。

今回は感謝の意味を込めて、そのYahoo翻訳にスポットを当ててみたいと思いました。ではMTV華やかだった頃、誰もが聴いたことのある80年代POPSの曲タイトルを翻訳してもらいましょう。

1.アーチスト、2.曲タイトル、3.Yahoo翻訳 となっています。


1.マドンナ
2.Like a virgin
3.処女のように


お、ちゃんと翻訳した。そういえば、このタイトルを友人は「処女が好き♪」と訳していたなあ(笑)


1.シカゴ
2.Hard to say I'm sorry. 
3.激しく言うために、すみません。


あらかじめ謝っといてから怒る、みたいな感じ?(笑)


1.シンディ・ローパー
2.TIME AFTER TIME
3.再三再四
 


おっと、四字熟語ときたか。


1.ビリー・ジョエル
2.IT'S STILL ROCK AND ROLL TO ME
3.ロックンロールが最高さ



これすごい。原題どおりに翻訳してる。はて、もしやYahoo翻訳はビリー・ジョエルファン?
そういえば、映画「カサブランカ」の名セリフ
Here's looking at you, kid.
をYahoo翻訳にかけると、「君の瞳に乾杯」と出るしね。ちょっとしたところにこだわりがあるみたいです。


1.ポール・マッカートニー/スティービー・ワンダー
2.EBONY AND IVORY 
3.黒檀と象牙


なんだか味もそっけもない訳ですね。さすがに比喩までは理解できないのでしょうね。


1.オリビア・ニュートン・ジョン
2.PHYSICAL
3.身体検査


身体検査ぁ?そんな内容の歌詞だったっけ、この歌。



1.プリンス
2.LET'S GO CRAZY
3.おかしくなりましょう


可笑しくておかしくなりそう(笑)


1.ティアーズ・フォー・フィアーズ
2.shout
3.叫んでください


いいなあ、動詞で翻訳されると。
となるとオールディーズですが、これも期待できます。

1.ビートルズ
2.twist and shout
3.ねじれて、叫んでください


期待どおり!


1.ティアーズ・フォー・フィアーズ
2.Everybody Wants To Rule The World
3.誰でも、世界を支配したいです


そんな意味あいの歌だったっけ?


1.スティービー・ワンダー
2.Part time lover
3.パートタイム愛好家


「いえ、店長。私はパートタイムで結構です」ってか。

かと思えば、

1.A-ha
2.Take on Me
3.私を雇ってください


ときたもんだ。


1.バングルズ
2.Video killed the radio star.
3.ビデオは、電波星を殺しました。


電波星と訳されてしまうなんて..。それこそラジオスターの悲劇ですね。



1.ヴァン・ヘイレン
2.Jump
3.とんでください


一番のお気に入りがこれ。
このシンプルな翻訳。デイヴィッド・リー・ロスの開脚ジャンプというより、二郎さんをイメージしてしまいましたよ。
Tobimasu
posted by nemota at 19:12 | Comment(2) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

最初にハマった映画

正月、息子が母親と映画を観に行った。「スマイル-聖夜の奇跡-」という少年アイスホッケーの映画らしい。スポーツ物でギャグあり涙あり音楽ありの邦画だったようだ。なんと原作・脚本・監督が陣内孝則!。へえ。

息子はそれから映画パンフレットを何度もながめている。こんなに彼が映画に夢中になったことは初めて。人生最初にハマってしまった映画である。そんなに気に入ったならと母親がサントラCDを買ってあげた上に、いずれDVDも買ってあげる約束をしてしまったくらいだ。
いまだに熱が冷めない息子は「もう一度観たい」とねだって先日母親とまた観に行ってきた。


誰でも多感な時期、最初ハマってしまった映画がある。息子にとってそれがこの「スマイル」だったわけだ。息子と会話をしながら僕が最初に夢中になった映画は何だったのだろうか、とふと思った。遠い昔を思い出してみる。
映画館に3回足を運んだ。そしてサントラも買った。映画雑誌「スクリーン」「ロードショー」も買いあさった。
そう、あれは確か...続きを読む
posted by nemota at 15:48 | Comment(4) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渇しても盗泉の水を飲まず


 1:日本語の言い回しなど 2:ほったいも変換 3:逆翻訳




1.渇しても盗泉の水を飲まず(かっしてもとうせんのみずをのまず)
Customer, toes anal mizzle on normals.

顧客は、法線で肛門の霧雨に足指で触れます。











【意味】
いくら苦しくても、不正、不義を行わず、身を慎むことだ大切である。
孔子が「盗泉」という泉が湧くところを通った際、喉が渇いていたが、その地名の悪さを嫌ってその水を飲まなかったことから。

今の中国にはこのような高貴な思想はなくなってしまったのだろうか。
posted by nemota at 14:42 | Comment(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

ほったいも百人一首-26(貞信公)

小倉山 峰の紅葉ば 心あらば
         今ひとたびの みゆき待たなむ
   
Ogle lier man, meaning know mommy gee bar, cockerel a lover.
In man heat tabby know, milky matter numb.






【歌意】
小倉山の峰の紅葉(もみじ)よ、もしもお前に人の心があるのなら、もう一度の行幸(みゆき:天皇のおでまし)があるまで、散らずに待っていてほしい。


【逆翻訳】
待ち伏せするもの人を見詰めます、意味はママがバーを右に曲げるということを知っています、雄鶏は恋人です。人で、熱ぶちネコ(麻痺した乳状の問題)は、知っています。
posted by nemota at 17:50 | Comment(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

悪貨は良貨を駆逐する


 1:日本語の言い回しなど 2:ほったいも変換 3:逆翻訳




1.悪貨は良貨を駆逐する(あっかはりょうかをくちくする)
2.A coward your cow could cheek through.

3.あなたの牛が終わりまで生意気な口をきくことができた臆病者。











この逆翻訳(yahoo翻訳)ってば天才的!(笑)


【意味】
悪い人間や物がはびこって、優れた人間やものの姿が消えるということ。悪が栄え善が滅びるということ。
グレシャムの法則
posted by nemota at 13:19 | Comment(2) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

ハサミ男、警官の血、を読んだ

ハサミ男、警官の血、を読んだ
●ハサミ男
やはり見事にだまされた。
え!?と思ったその瞬間、それまでの自分の論理構築がガラガラくずれて、立ち位置を見失なってしまった。参りました。


●警官の血
これは堂々の「このミス」1位だろう。というかミステリーにとどまらない、戦後から現代にわたる一大叙事詩といえる。スチュワート・ウッズの傑作「警察署長」を彷彿とさせる骨太の警察小説だった。
posted by nemota at 00:34 | Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

ほったいも百人一首-25(三条右大臣)

2年近くも放置していた百人一首のほったいも変換、復活です。


名にし負はば 逢坂山の さねかづら
          人に知られで くるよしもがな


Nanny see or bar, all soccer yammer know, sunny cars run.
His Tony seal a lady, crew your sim on Ghana.







【歌意】
逢坂山のさねかずらがたぐれば来るように、誰にも知られずにあなたを連れ出す手立てがほしいものだ。


【逆翻訳】yahoo翻訳
ナニーは見るか、閉鎖します、すべてのサッカー泣き声(動く日が照っている車)は知っています。彼のトニーは女性に封をして、ガーナであなたのシミュレーションに乗り組みます。
posted by nemota at 13:54 | Comment(2) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

二階から目薬


 1:日本語の言い回しなど 2:ほったいも変換 3:逆翻訳

?部分(ほったいも変換、音声、意味等)は後ほど掲載します。



1.二階から目薬(にかいからめぐすり)
2.Knee kind color meg 3.

3.親切なカラーメガ3にひざをあててください。











【意味】
二階から下にいる人の目に目薬をさそうとするように、思うようにならずもどかしいこと。また、回りくどく、効果がおぼつかないこと。


ちなみに私は2階からでなくても普通に目薬をさす時でもうまくできない。目がちゃんと開けられず、かわりに口ばかり開いてしまうヤツである。
posted by nemota at 13:34 | Comment(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

Wiiをやってみた

息子がクリスマスに手に入れたWiiの↓をやらせてもらった。

Wcs1_2 Wcs2

こちらのチームはACミランで戦力4.5。相手(コンピュータ)はどこか分らんチームで戦力2(笑)。
これくらいなら楽勝だよ、と息子。
結果、3−2の辛勝。でも勝ったぜイエイ!

そのあと息子が同じ対戦でやってみた。結果、20−0と圧勝だった。

あははは...(T_T)
posted by nemota at 15:44 | Comment(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月06日

下手の考え休むに似たり

正月用にさらっと読める本として「ホームレス中学生」を家人が買っていたので読んでみた。あの「解散!」のくだりなどTV「すべらない話」で知ってはいたが、改めて読んで、ちょっと、いや思ったよりよかった。最後の方は感動した。百万部売れたというのも納得。





さて、それとは関係なくほったいもを。


 1:日本語の言い回しなど 2:ほったいも変換 3:逆翻訳

?部分(ほったいも変換、音声、意味等)は後ほど掲載します。



1.下手の考え休むに似たり(へたのかんがえやすむににたり)
2.Hater no can guy yes mooning neatly.

3.嫌悪者は、小ぎれいにうろついているはいを少しも笑い草にすることができません。












【意味】
名案がないのにいくら考えても、 時間を浪費するばかりで何の効果もないといこと。
posted by nemota at 18:06 | Comment(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥

今年は記事内容に関係なく、ほったいも変換を気軽に掲載していきたいと思っています。それでは、今年最初のほったいもを。

 1:日本語の言い回しなど 2:ほったいも変換 3:逆翻訳

1.聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥(きくはいっときのはじ きかぬはいっしょうのはじ)
2.Kick were in talky no hedge. Kick canoe one it show no hedge.
3.キックは、話し好きな垣根なしでした。カヌー1をけります、それは垣根を示しません。

【意味】知らないことを人に聞くときは、恥ずかしい思いがするかもしれないが、恥ずかしいのはその場だけで、聞かずに一生を過ごしてしまうことの方がもっと恥ずかしいということ。

posted by nemota at 17:00 | Comment(2) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

Happy new year!ですよ

Happy new year!

今年もよろしくお願いします。

というわけで、あれ?、A happy new year!では?と思ったあなたは間違い。
日本では年賀状やらでやたらと氾濫しているA happy new yearですが、Aをつけるのは間違っていたのです。実は自分も小5の息子に指摘されて初めて知ったのですけどね。
ちなみに、happy new yearでググッてみると分ります。

なぜ日本ではこんな間違いが定着してしまったのか。多分、欧米の
Merry Christmas and a happy new year!
の後ろの部分だけ切り取って日本で利用されてしまったのではないかと。
元旦に見たNHKのお笑い番組の舞台にもA happy new yearとありました。まだまだ日本ではしばらくAがついた新年のあいさつが横行することになるでしょう。

そんなわけで、念のためにいつも使っているYahoo翻訳にかけてみました。

A happy new year.
幸せな新年。

Happy new year.
新年おめでとうございます。

ちなみにX'masは間違いでXmasが正しい、ってことも知ってました?

posted by nemota at 17:26 | Comment(2) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。