このブログでは、ことわざ、慣用句、俳句など日本語の音を
●英単語に置き換え(ほったいも変換)て、
●それを強引に日本語に翻訳(逆翻訳)し、
●さらにほったいも変換した音声も聴くことができます。

2009年01月25日

坂の上のポニョ

090125_114616.JPG


先日家族でイチゴ狩りに行き、加須でうどんを食べ、羽生にある水族館に行ってきた。

ドライブの最中、大河ドラマの枠で司馬遼太郎の「坂の上の雲」が今年TV放送されるという話になった。その話を聞いていた息子が「それって、崖の上のポニョのパクリじゃん」といってきた。

いやいや、それをいうなら崖の上のポニョのほうがパクリだろう。

うーん、いわれてみれば、「坂の上の雲」という美しいタイトルの語感を、宮崎さんは意識してつけたのかな、とちょっと真剣に考えてしまった。

ちなみにわたくし、崖の上のポニョは未見である。


 
 
posted by nemota at 12:26 | 埼玉 ☀ | Comment(1) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

時代は変わる

バラク・オバマ氏が米国の第44代大統領に就任した。1776年の建国以来初の黒人大統領。これほど世界中から期待されたアメリカ大統領は初めてか。(それともケネディ以来?)

日本は天皇が変わると元号(平成とか)が変わるけれど、アメリカは大統領が変わっても年号みたいなのは変わらないのだなと。当たり前だが。


では、日本独特の元号というか時代(歴史で習うやつ)を変換してみましたよ。

・縄文(時代) German. ドイツ語。

・弥生 yeah your inn. はい、あなたの宿。

・古墳 coffin. 棺。

・飛鳥 asker. 質問者。

・奈良 now run. すぐに、走ってください。

・平安 hey Anne. おい、アン。

・鎌倉 comer cooler. 来る人クーラー。

・南北朝 none balk ciao. 何もたじろぎませんチャオ。

・室町 moo low much. 非常に低くモーと鳴いてください。

・安土桃山 as chin mom yammer. あごおかあさんとして、悲しい声で泣いてください。

・江戸 aid. 援助。

・明治 mage. 知恵者。

・大正 tie show. ショーを同点に持ち込んでください。

・昭和 shore. 岸

・平成 hey say. おい、言ってください。


まとめて音声


 


続きを読む
posted by nemota at 17:50 | 埼玉 🌁 | Comment(2) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

ゴム銃オフィシャルガイドブック

rubberbandgun.jpg

お世話になっている社会評論社の編集の濱崎誉史朗さんより、
「ゴム銃オフィシャルガイドブック」を献本していただきました。

頂いておきながら、「献本」という言葉を使うのは、敬語的にどこか間違っているのではないかと思うのですが、でも「タダで頂いた」というと、なんだかイジマシイ感じもするし、はてさてどう表現したらいいのでしょう。
なんてことはいいとして、

本の帯には

こどもの頃、夢中になったあの割り箸鉄砲が、
大進化を遂げて帰ってきた!!
世界に類を見ない究極のDIY!!



とあるように、ゴム銃のすべてが紹介されていて、昔少年だった人は皆心躍ること請け合いです。文章も硬そうでいて、意外に笑えたりします。


Image1.jpg
ゴム銃オフィシャルガイドブックオフィシャルサイト

 
 
 


posted by nemota at 17:31 | 埼玉 ☀ | Comment(4) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

ああ朝青龍

場所前は、「引退は必至」だのと騒々しかった朝青龍。それはまるで漫画「ああ播磨灘」のようだった。

が、フタを開けたら今日までなんと9連勝。
勝っても負けても騒がれる朝青龍。視聴率もかなりいいようだし、なんだかんだいってみんな朝青龍が好きなのでは?


嫌よ嫌よも好きのうち
Yeah yo!, yeah yo!, more skin of witch.

はいyo!はいyo!魔女のより多くの皮膚。




31XWET7K4NL._SL500_AA140_[1].jpg
天下無双の横綱、播磨灘!
相撲界の禁を破り、鬼神のごとき勢いで連勝を続ける!

自分を横綱の中の横綱と言い切り、一度でも負けたら引退すると豪語する、新横綱・播磨灘!土俵入りでは仮面をかぶり、対戦相手を徹底的に叩き潰す、非人道的な取り口。相撲界の禁を破り、観客の怒号をものともせず、播磨は連勝を続ける!


 
 


posted by nemota at 16:51 | 埼玉 ☀ | Comment(2) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

ロートレック荘事件

こんな「衝撃のラスト」とか「どんでん返し」なミステリばかり読んでいると、普通の本が読めなくなってしまいそう。

51ywZ-4QoRL._SL500_AA240_.jpg
ロートレック荘事件 筒井康隆 著


夏の終わり、郊外の瀟洒な洋館に将来を約束された青年たちと美貌の娘たちが集まった。ロートレックの作品に彩られ、優雅な数日間のバカンスが始まったかに見えたのだが…。二発の銃声が惨劇の始まりを告げた。一人また一人、美女が殺される。邸内の人間の犯行か、アリバイを持たぬ者は、動機は。推理小説史上初のトリックが読者を迷宮へと誘う。前人未到のメタ・ミステリー。



最後の章の作者説明がちょっとヤボな印象を受けた。筒井康隆が「読者をだましてやろう」という魂胆があふれている小説で、物語自体は凡庸だと思った。なので☆ひとつ減らして★★★☆

 
 


posted by nemota at 17:51 | 埼玉 ☀ | Comment(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

負んぶに抱っこ

なんだか、マヌケなニュースが入ってきましたよ。。。

迷子のゴムのアヒルちゃんを探して! NASAからのお願い

duck.jpg


なぜ迷子になってるの? なんで回収したいの? って不思議に思いますよね。実はこの子達、かなり重要な使命を担っているんです。ご存知のとおり、温暖化の影響で氷河が溶けてしまっているのが問題になっていますが、NASAはその溶けた氷の流れをアヒルの動きで調査して、仕組みを解明しようと考えているんです。そのため、3か月前にグリーンランドで太陽の熱で表面が溶けてしまった穴から90匹のアヒル達が放たれました。

ところが…上記したように、まだ1匹も戻ってきていない状況にNASAも困ってしまっています。今は、水平さん、漁師さん、クルーザーの乗客が気にして探してくれることを期待しているそうです。



なぜ発信機とかつけずに放ったのか、不思議。そんなんでよく月に人を送り込めたと思うぞ。

アヒルを放って後は他人任せ...、とはなんとなくウィットを感じたりもするけどね。というわけで、アヒルにひっかけてにこんな慣用句の変換をしてみました。


負んぶに抱っこ
On bunny duck call.
バニーアヒルの上では、電話をしてください。



【意味】
全部他人任せにすること。
 




posted by nemota at 15:45 | 埼玉 ☀ | Comment(0) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

梅卵に挑戦

年末も押し迫った時の話である。
たまたま息子と日テレの「キューピー3分クッキング」をみていたのである。

時期的にレシピはおせちの料理であった。
qp3.jpg

「おお、これは、おしゃれではないか!」と息子と顔を見合わせた。
梅の形をしたゆで卵である。通称「梅卵」だそうだ。こいつはいっちょう正月のために作ってやろうではないかと。


いよいよ大晦日。大掃除も終わって息子と作り始めた。
まず、手順は簡単。
1.半熟ゆで卵を作る。
2.汁でゆで卵を転がし、煮卵にする。
3.厚く切った大根に5本の菜ばしを刺し、その間にゆで卵を入れて、梅の花型に成型するのである。(詳しくは上の画像をクリック)


しかし、こともあろうに半熟ゆで卵がうまく出来なかったのである。殻がむけない上にやや温泉卵に近い状態だった。ちゃんとレシピどおりに作ればいいものを、卵がかぶらないという理由で水の分量を倍にしてしまったのが失敗だったようだ。
周りからかなり期待されていて、熱い視線をうけていただけに、ガックリ。

だが、ふと思った。


ゆで卵なんて買ってくればいいんだ!と。
なあんだ。それこそコロンブスの卵じゃんか。

で、セブンイレブンで半熟ゆで卵を買ってきて再チャレンジ。無事成功とあいなった。ここで実物の写真でも披露できればメデタシメデタシなのだが、不覚なことに写真を撮り忘れてしまった。

やっぱり自分は詰めが甘いってことを再認識した大晦日であった。

 
 

たまご関連の、ことわざはこれ。


1.丸い玉子も切りようで四角
2.My ruin turn mango more killing yodel she cock.

3.私の堕落はヨーデルをより消しているマンゴーに変わります。そして、彼女は上向きにします。




【意味】
物事も、言い方、やりようによって、円満にもなり角も立つということの喩え。「ものも言いようで角が立つ」と続く。 
posted by nemota at 15:51 | 埼玉 ☔ | Comment(2) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

年末年始の本と映画

いまさらながら、明けましておめでとうございます。

年末年始に読んだ本、観た映画(DVD)を記録しておきます。
レビューではなく、単に記録として。


【書籍】
本 悪徳の都(上/下)スティーブン・ハンター
 ★★★☆

スワガー・シリーズファンとしては、一応、読んでおかなければならないので。タイトルは原題の「ホット・スプリングス」でいいんではないかいな。


本 ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎
 ★★★★☆

「このミス」1位、「山本周五郎賞」受賞、「本屋大賞」受賞「ミステリが読みたい」1位と4冠の本。
伊坂幸太郎は「アヒルと鴨のコインロッカー」を読んで以来かな。この作者の独特の軽快な文章が好き。このゴールデンスランバーは荒唐無稽な話でリアル感にちょい難点があるが、それでも伏線の張り方や構成力には完敗!。今年読んだ中で文句なしの1位。って今年になって読み終えた本はこれだけだが(笑)


【映画(DVD)】
映画 ポーラー・エクスプレス
★★★
クリスマス時期にケーブルTVでやっていたのを録画して観た。
まあ、いいんではないでしょうか。もう少し主人公が可愛げのある子だったらよかったけれど、でもそういう想定なんでしょうね。


映画 ダークナイト
★★★★☆
昨年の最大の話題作。
超娯楽大作でありながら、奥深ーい内容。この相反する要素がない混ぜになって、観る者を圧倒する。故ヒース・レジャーの演技が素晴らしすぎる。思わずDVDを2回みてしまった。
ちなみに、このDVDを借りるまで、このダークナイトを「暗い夜」だと思ってました(笑)原題は「The Dark Knight」

映画 バタフライ・エフェクト
★★★☆

ケーブルTVを録画してみた。某コミュで「一番感動した映画」で上位に入っている映画。
内容は確かに凝ってますね。でも「時をかける少女」の実写版とアニメ版を思い出してしまうのは自分だけ?


posted by nemota at 13:46 | 埼玉 ☀ | Comment(2) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。