このブログでは、ことわざ、慣用句、俳句など日本語の音を
●英単語に置き換え(ほったいも変換)て、
●それを強引に日本語に翻訳(逆翻訳)し、
●さらにほったいも変換した音声も聴くことができます。

2009年10月27日

来年の大河は龍馬がくる

来年の大河ドラマは「龍馬伝」ということで、坂本龍馬を取り上げるようだ。これは楽しみだ。「竜馬がゆく」を昔読んだが、あれはやはり日本男児は一度読むべき本だろう。龍馬というと、なんとなくタレントの武田鉄也が頭の中にチラホラよぎってしまってウットおしいにしてもだ。
男だけではない、龍馬の短く濃密な生き様は女性も魅了するに違いない。龍馬役が福山雅治ってのもなんともニクい。

実際の坂本龍馬もやたら女性にモテたようで、それこそ「港みなとに女がいる」状態だったという。やはり志の高い人間には男だけでなく女もホレるってわけだ。


港みなとに女がいる
Meaner to meaner Tony, owner got ill.

より意地悪なトニーには、より意地悪であることで、所有者は健康を損ないました。




それはそうと、「坂の上の雲」もNHKで放送される。これも楽しみ。それにむけて、司馬遼太郎の原作を読んでいるなう。

posted by nemota at 15:41 | 埼玉 ☔ | Comment(2) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

着々と進んでいる模様

ひさびさのブログだ。これだけ久しぶりだと何を書いていいかわからなくなる。10月になって初めてかな。

さて、例の件は少しずつだが着々と進んでいる模様。編集者の方には「遅れて申し訳ない」と再三言われてはいるが、少しも気にしていない。なんなら自分もコラムの5本は仕上げなければならないので、こちらこそ申し訳ないくらいである。まとまった時間がとれれば一気に書けると思うのだが。

そういうわけでコラムの方はもう少しお待ちください、濱崎さん。

そういえば、こういうブログの使い方していなかったな。もっと自由に使ってもいいんだよなあ。

ここでひとつほったいも変換を披露した後、昔の記事を読んでみよう。
そうすればテンションを上がってコラムも一気に書けると思うのだ。


怠け者の節句働き
Now monkey mono know sec butter lucky.

現在、猿モノは、幸運な辛口のバターを知っています。




【意味】
普段怠(なま)けている者に限って、他人が休んでいる時に働くものである。



posted by nemota at 16:17 | 埼玉 ☀ | Comment(1) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

愛の伝道師

石田純一ってすごいなと思う。
何がすごいかって、東尾理子っておやじさんにソックリじゃないですか。自分だったらどうもね。そんな気になれないって。

愛の伝道師・石田純一さんにはとにかく頑張ってほしいものです。


愛の伝道師
I know Dane dossing.
私は、寝ているデンマーク人を知っています。


とはいえ、こんなフレーズもよぎってしまったこともここに告白します。

いい年こいて
Eater's coin tale.
食べる人のコイン物語。




posted by nemota at 15:38 | 埼玉 ☀ | Comment(1) | ほったいもプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。