このブログでは、ことわざ、慣用句、俳句など日本語の音を
●英単語に置き換え(ほったいも変換)て、
●それを強引に日本語に翻訳(逆翻訳)し、
●さらにほったいも変換した音声も聴くことができます。

2010年10月23日

ハマザキカク新刊3冊!

社会評論社の変態変集者・濱崎さんから最新サブカルチャー本の献本をしていただきました。彼が編集したサブカル本はハマザキカク、と言われ注目されています。

まずはカップラーメン大全
「即席麺サイクロペディア1」山本利夫著
IMG_0731.JPG

詳しくはこちら

その数、1,046杯を食べたというのだから驚き。その前に1,046種類も発売されたことにも驚き。いやその前に即席麺といっても掲載されているのがカップ麺というのに驚き。カップ麺のフタがずらーり、そしてラーメンデータが老眼鏡をかけなければならないほどビッシリだ。

この本を眺めた時最初に思ったこと、「ああ、このフタのラベルの写真撮り、大変だっただろうなあ」 やはりあとがきにもそのようなことが書いてあった。

ラーメン好きな日本人にとってこんなカップ麺があったのか、とボーッと眺めるだけでも面白い本である。



●一発朗 藤代尚文編

IMG_0733.JPG

詳しくはこちら


帯に「一発ギャグ大辞典 最極短ジョーク集」とあるように、フフっと笑ってしまうものから、??な言葉までなんでもつっこんで大集合!ってなもの。この本のパロディ装丁はまさに変集者・濱崎氏の仕業とすぐわかって思わずニヤリ。じっくり読むのではなく、手持ち無沙汰の時に手にとって眺めてみる本、そう、これも究極のトイレ本(褒め言葉)だと思う。



超高層ビビル3 ドバイ編  中谷幸司著

IMG_0732.JPG

詳しくはこちら

超高層ビビルシリーズ大3弾。
帯に「世界のタワークレーンの3割が集まる観測史上最高レベルの建設ラッシュ都市ドバイ!!」
とあるように、前編カラーの写真集で、ただただドバイのビル群の写真に圧倒されると共にビル自身のその美しさに目を奪われる。それは天に伸びるといった表現がぴったり。時々ドバイの超高層ビルは「砂上の楼閣」とか「バベルの塔」などと揶揄されるが、それはきっと持たざる人々のジェラシーの言葉なのかもしれない。
それにしてもこんなにドバイにビルがあるとは、それだけで驚きである。

posted by nemota at 17:41 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | 書籍・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

東京MXテレビで放映されたよ

先日、「ほったいもいじるな」がCATVの東京MXテレビ「ザ・ゴールデンアワー」で取り上げられましたよ。うちでは残念ながら映らないので東京在住の編集者・濱崎さんが録画したDVDを送ってくれました。
ありがとう!


「ザ・ゴールデンアワー」


へえ、「東京大好き外国人が「東京人」を元気にさせる!! 外国人の外国人による東京人のためのワイドショー」というコンセプトの番組らしい。まさにこの「ほったいもいじるな」にぴったりの番組ではないですか!! 東京MXテレビ様、取り上げていただきありがとうございました。
番組内でも盛り上がってもらい、作者としては素直にうれしいです。。やはり外国の人にウケてナンボだと思ってましたからね。

いっそのことDVDをユーチューブにアップして、ここで見せてしまおうかと思いましたが、やはりマズイのでやめておきました。(一応、DVDからユーチューブ用に動画変換などもトライしましたがなんだかWIN7では難しそうというのもあります。)


なので、静止画をキャプチャーしてみました。

mx1.jpg

mx2.jpg

mx3.jpg

mx4.jpg


この番組、他のコーナーも面白く中身が濃い、良質な情報番組です(ヨイショではなく)。
知り合いも見てる人多かったりして、知る人ぞ知る人気番組なんですねえ。


posted by nemota at 12:55 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | 書籍「ほったいもいじるな」関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。