このブログでは、ことわざ、慣用句、俳句など日本語の音を
●英単語に置き換え(ほったいも変換)て、
●それを強引に日本語に翻訳(逆翻訳)し、
●さらにほったいも変換した音声も聴くことができます。

2009年05月17日

ほったいも百人一首-40(平兼盛)



忍ぶれど 色に出でにけり わが恋は
      物や思ふと 人の問ふまで   平兼盛
She nerve red, in lonely in Danny Kelly, wagon coin were.
Mono ear on motor, heat know toe madden.


ダニー・ケリー(コインがそうであったワゴン)で孤独なものにおいて、彼女は赤に力をつけます。モーターでモノフォニックの耳、熱はつま先が激怒するということを知っています。




【歌意】
心のうちに隠してきたつもりだったけれど、いつしか顔色や表情に出ていたようだ。私に「恋のもの思いでもをしているのか」と、人が聞くほどまでに。



それにしてもダニー・ケリーっていったい誰だ(笑)
ダニー・ケイとジーン・ケリーのかけあわせ(?)


posted by nemota at 15:05 | 埼玉 ☁ | Comment(1) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

ほったいも百人一首-39(参議等)

浅茅生(あさじう)の 小野の篠原 しのぶれど
あまりてなどか 人の恋しき   参議等
Answer jew know, oh no north know hurler, see no bread.
A marry ten nerd car, heat know coin seeking.

答えは騙します、知っていてください。ああ、少しも北に、投手を知らなくて、パンを見ないでください。
結婚します10オタク車、熱は捜索しているコインを知っています。




【歌意】
まばらに芽がはえている篠の原。その篠という言葉のように、あなたへの想いをじっとしのんでいましたが、どうしてこんなにあなたが恋しいのでしょう。
posted by nemota at 13:31 | 埼玉 ☔ | Comment(1) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

ほったいも百人一首-38(右近)

hi38.jpg


忘らるる 身をば思はず 誓ひてし
      人の命の 惜しくもあるかな   右近
Worse ral rule, me over arm was, checker eating seen.
Heat knowing no chino, wash cool mower looker now.





【歌意】
忘れ去られる私自身のことは何とも思わない。ただ、いつまでも愛すると、かつて神に誓ったあの人が、神の天罰で命を落とすことになるのが惜しまれてならないのです。

【逆翻訳】
より悪い乱暴者規則、アームの上の私はいて、数奇は、見られた食べることです。
熱がチノクロスを全く知らないで、今、クールな草刈り機美人を洗ってください。





なんだか、藤原紀香を思い起こすようなグッドタイミングな歌ですなあ。(報道の通りなら陣内は男を下げ、紀香は女を上げたね)





posted by nemota at 12:03 | 埼玉 ☁ | Comment(1) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

ほったいも百人一首-37(文屋朝康)

hi37.jpg

白露に 風の吹きしく 秋の野は
      つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける  文屋朝康

Syrup to your knee, cars anal hooking sick, a key know Noah.
To runner kit menu, termers on cherry cairn.







【歌意】
玉のような白露がおりている秋の野に、風がしきりに吹き寄せるたびに、糸に通してつなぎとめてない水晶の玉が、きらめきながら散りこぼれているようだ。



【逆翻訳】
病気になるまで掛けられるあなたのひざ、車への肛門のシロップ、キーはノアを知っています。
ランナーに、チェリーケルンの上にメニュー、服役者に装備してください。




posted by nemota at 11:21 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

ほったいも百人一首-36(清原深養父)

hi36.jpg


夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを
        雲のいづこに 月宿るらむ   清原深養父

Nuts know yore, madder your inner girl are, arcade null on.
cool mom noise cony, to key a doll ram.





【意味】
夏の夜は短くて、まだ宵の口と思っていたが夜が明けてしまった。見えなくなった月はどの雲に宿をとったのだろう。

【逆翻訳】
ナッツは昔を知っています、より狂った、あなたの内部の女の子はいて、進行中のヌルをアーケードにします。
人形ラムに鍵をかけるために、おかあさん雑音ウサギを冷やしてください。




posted by nemota at 15:22 | 埼玉 ☁ | Comment(1) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

ほったいも百人一首-35(紀貫之)

梅の花

人はいさ 心も知らず ふるさとは
         花ぞ昔の 香ににほひける  

Hit white sun, cockerel mossy razz, fool Saturn were.
Hanna's on moon cashing know, cunning knee owing cairn.






【歌意】
人の心はいつまでも同じなのかわかりません。でもこの懐かしい里の梅の花だけは昔と同じ香りで匂うのです。




【逆翻訳】
白い太陽、雄鶏苔むした酷評、土星がそうであった馬鹿を殴ってください。
ハンナは月で現金化することを知っていてもらいます。そして、ずるいひざが石塚に義務があります。




posted by nemota at 14:15 | 埼玉 ☁ | Comment(1) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

ほったいも百人一首-34(藤原興風)


誰をかも 知る人にせむ 高砂の
松も昔の 友ならなくに   藤原興風

Talent walker more, seal hit need same, tax a goner.
Mats mom cashing know, Tom narrow knock knee.





【歌意】
年老いて親しい友人も皆亡くなってしまって、自分独りとなってしまった。長寿の高砂の松でも友人に、と思うが、松は所詮松でしかない。

【逆翻訳】
才能歩行者は、より助からない人に課税すると、アザラシが必要同上に思いつきました。
マッツおかあさん、現金化することは知っています(トム狭い外反膝)。




posted by nemota at 18:00 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

ほったいも百人一首-33(紀友則)


久方の 光のどけき 春の日に
     しづ心なく 花の散るらむ   紀友則

His soccer turner, hickory nodal cake, hello no-hit need.
Season go corona cool, Hanna know chill ram.




【歌意】
やわらかな日差しがのどかにさしている春の日に、桜の花だけが落ち着いた心もないように、散り急いでいるようだ。


【逆翻訳】
彼のサッカー旋盤工、ヒッコリーのこぶのようなケーキ、こんにちは。無安打は必要とします。
季節はコロナクールになって、ハンナは寒気ラムを知っています。





百首のうち、1/3消化。
この投稿ペースはまさに散り急いでいるよう?
posted by nemota at 18:13 | 埼玉 ☁ | Comment(1) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

ほったいも百人一首-32(春道列樹)


山川に 風のかけたる しがらみは
     流れもあへぬ 紅葉なりけり   春道列樹
Yammer got warning, cousin knock a kettle, cigar ramen were.
Nagger lemon Ainu, mommy Gina link Ealy.




【歌意】
谷川を渡る風が紅葉を散り落し、その紅葉が川の流れにもかかわらず、ところどころとどまっていることよ。


【逆翻訳】
泣き声は警告を得て、いとこはやかんを打って、葉巻ラーメンがあります。
小煩い人レモンアイヌ、ママジーナはエリーをリンクします。



 

 
posted by nemota at 18:04 | 埼玉 ☁ | Comment(1) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

ほったいも百人一首-31(坂上是則)

これは有名な歌ですね。


朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに
     吉野の里に 降れる白雪   坂上是則

A serve racket, early arcade notes key toe, mill madden knee.
Your sinner know Sir Tony, who rail sailor you key.





【歌意】
夜がほのかに明るくなって、有明の月かと見まごうばかりに、吉野の里に白々と降っている白雪であることよ。


【逆翻訳】
サーブラケット、早いアーケード注意キー爪先、工場はひざを怒らせます。
あなたの罪人はトニー卿を知っています。(その卿は、あなたが合わせる船員にレールを敷きます)。


「〜であることよ。」とはいかにも古典な表現ですね。






posted by nemota at 17:38 | 埼玉 ☀ | Comment(2) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

ほったいも百人一首-30(壬生忠岑)

久し振りの百人一首変換ですが、今度ばかりは(笑)淡々と掲載して無事終わらせたいと思います。



有明の つれなく見えし 別れより
    暁ばかり 憂きものはなし
                壬生忠岑
Earlier cannon, train knock me ashy, worker rarely.
A cut key bakery, weekend mono were nothing.






【歌意】
有明の月さえそっけなく見えたあなたとの別れ。それ以来暁の空を見ると心憂えることが多くなりました。

 

【逆翻訳】
初期の大砲、電車は私を気絶させます、めったにでなく労働者。
切られた重要なパン屋、週末モノは、何でもありませんでした。
 
 

 


posted by nemota at 18:22 | 埼玉 ☁ | Comment(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

ほったいも百人一首-29(凡河内躬恒 )

Siragiku_2
心あてに 折らばや折らむ
    初霜の 置きまどはせる 白菊の花  
Cockerel are tanning, oh lover yeah on ram, hearts seem on know.
orchid mad were sale, slow gig know Hanna.





【歌意】
当て推量で、もし折るなら折ってみよう。初霜に紛れるほどに純白な美しい白菊を。


【逆翻訳】
雄鶏は日焼けしています、ラムの恋人はい、ああ、心臓が知っていることを行われてようです。
おかしなランは販売でした、遅いギグはハンナを知っています。
posted by nemota at 16:13 | Comment(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

ほったいも百人一首-28(源宗于朝臣)

Yamazato


山里は 冬ぞさびしさ まさりける
        人目も草も かれぬと思へば  
Young mother toward, fuse on serving seesaw, monthly cairn.
Hit memo could salmon, curry noodle on more ever.






【歌意】
山里は、冬が特に淋しさがまさるものだ。人も訪ねてこなくなり、草も枯れてしまうと思うと。


【逆翻訳】
若い母の方へ、シーソーのような、毎月の石塚に供給することに、融合してください。
メモがそうすることができたヒットは、サーモン(これまでにより多くの上のカレー麺)です。
posted by nemota at 15:09 | Comment(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

ほったいも百人一首-27(中納言兼輔)

Hi27_3
みかの原 わきて流るる いづみ川
        いつ見きとてか 恋しかるらむ 

Meeker known hurler, working tenor got rule, is miggle one.
It's Mickey totem car, coin see curl ram.







【歌意】
みかの原から湧き出てくる泉川のように、逢ったこともないあなたをなぜこうも恋しいのだろう。


【逆翻訳】
より素直な知られているハーラー、テノールが規則を得た働きはマリファナタバコ1です。
それはミッキートーテム車です、コインがカールラムを見ます。



会ったこともない女性を恋しく思う男...中納言兼輔。いわゆる恋に恋する男ってやつですか、こいつは。
posted by nemota at 17:37 | Comment(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

ほったいも百人一首-26(貞信公)

小倉山 峰の紅葉ば 心あらば
         今ひとたびの みゆき待たなむ
   
Ogle lier man, meaning know mommy gee bar, cockerel a lover.
In man heat tabby know, milky matter numb.






【歌意】
小倉山の峰の紅葉(もみじ)よ、もしもお前に人の心があるのなら、もう一度の行幸(みゆき:天皇のおでまし)があるまで、散らずに待っていてほしい。


【逆翻訳】
待ち伏せするもの人を見詰めます、意味はママがバーを右に曲げるということを知っています、雄鶏は恋人です。人で、熱ぶちネコ(麻痺した乳状の問題)は、知っています。
posted by nemota at 17:50 | Comment(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

ほったいも百人一首-25(三条右大臣)

2年近くも放置していた百人一首のほったいも変換、復活です。


名にし負はば 逢坂山の さねかづら
          人に知られで くるよしもがな


Nanny see or bar, all soccer yammer know, sunny cars run.
His Tony seal a lady, crew your sim on Ghana.







【歌意】
逢坂山のさねかずらがたぐれば来るように、誰にも知られずにあなたを連れ出す手立てがほしいものだ。


【逆翻訳】yahoo翻訳
ナニーは見るか、閉鎖します、すべてのサッカー泣き声(動く日が照っている車)は知っています。彼のトニーは女性に封をして、ガーナであなたのシミュレーションに乗り組みます。
posted by nemota at 13:54 | Comment(2) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

ほったいも百人一首-24(菅家)

このたびは ぬさもとりあへず 手向山(たむけやま)
           紅葉の錦(にしき) 神のまにまに  
Corner tabbing were, new salmon tree eyes, term care man.
mommy's know knee seeking, coming no money money.






【歌意】
今度の旅は、幣(神への捧げ物)も出来ないが、さしあたって手向の山の紅葉の葉を捧げますので、神のお心のままにお受けください。


【逆翻訳】
タブを付けることがそうであった角、新しいサーモン木アイ、学期世話人。
ママのものは、捜索していて、金銭お金に近付いていないひざを知っています。


菅家(かんけ)とは菅原道真のことです。

「紅葉の錦」という表現で、ふと、宮本輝の小説「錦繍」を思い出してしまった。
posted by nemota at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

ほったいも百人一首-23(大江千里)

月見れば ちぢに物こそ 悲しけれ
        わが身ひとつの 秋にはあらねど
To key millibar, changing need mono course on, canal sicken lay.
Wagon me hit to two no, a key near run aid.





【歌意】
月をみると、あれこれと際限なく物事が悲しく思われるなあ。私一人だけの秋ではないけれど。


【逆翻訳】
進行中の必要モノフォニックのコースを変えて、重要な2ミリバール、運河は女を病気にします。2つのいいえ(鍵となる近い動く援助)に打たれて、私をワゴンで送ってください。



この歌人、大江千里は「おおえのちさと」と読みます。
この人↓ではありません。当たり前。

oe
posted by nemota at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

ほったいも百人一首-22(文屋康秀)

吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を あらしといふらむ
Hook colony, a key knocks sacking no, shawl lever.
Moving yeah marker then on, a rushing to your ram.





【歌意】
吹くやいなや、秋の草木がしおれるので、なるほど山風が嵐となり、荒らしというのであろう。


【逆翻訳】
植民地、重要なノック袋地なし、ショールレバーを引っかけてください。
それから進行中の可動はい目印、あなたのラムへのラッシング。


だからどうした、とツッコみたいくらい深みのない歌だな、と思ったら、百人一首屈指の駄作と言われているようです。人が木のそばで座り込む、そこから「休」という字が出来たのだろう、って歌っているようなもの?

hi22
posted by nemota at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

ほったいも百人一首−21(素性法師)

百人一首の変換プロジェクト、やっと1/5が終わった。
先は長いけど、ただ淡々とやっていきますよ、ええ。


今来(こ)むと 言ひしばかりに 長月の
         有明の月を 待ち出でつるかな
In man control, in issue bakery need, now guts key know.
early arcade notes key on, marching day true canal.






moon phases
 


【歌意】
今すぐに来ようとあの人が言ってきたばかっかりに、9月の夜長を待ち続けているうちにとうとう夜明けの有明の月が出てきてしまったことだ。


【逆翻訳】
内臓がキーを操作する今、人支配において、問題パン屋必要では、知っていてください。初期のアーケードは動いているキーに注意します。そして、日本当の運河を進ませます。
posted by nemota at 13:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

ほったいも百人一首-20(元良親王)

わびぬれば 今はた同じ 難波なる
      身をつくしても 逢はむとぞ思ふ
Wobbling new lever, in muffler turn owners in, now near narrow.
Mere took city more, I want toe's mall.





【歌意】
「どうしてよいか行き詰ってしまったのだから、もう何がどうなっても同じことです。あの難波潟の澪(みお)つくしのように、この身を尽くしても(我が身を滅ぼしても)いいからお逢いしたいものです。」


【逆翻訳】
新しいレバーをぐらつかせて、マフラーにおいて、すぐに狭い所の近くで、所有者を引き渡してください。
部分はより都市をとりました、私はつま先のモールが欲しいです。
posted by nemota at 15:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

ほったいも百人一首-19(伊勢)



難波潟 短かき芦(あし)の ふしの間も
       逢はでこの世を 過ぐしてよとや
   
    
Nanny were garter, music khaki ash know, fish know mom.
Our day corner you on, soon good city your tire.





hi19
【歌意】
難波潟(なにわがた)の芦の、その短い節と節の間のような、ほんのわずかな間も逢わないまま、私にこの世を終えてしまえと、あなたは言うのでしょうか。


【逆翻訳】
ナニーはガーターでした。そして、音楽カーキ色の灰は知っています、魚はおかあさんを知っています。我々の時代は、あなたを追い詰めます、すぐによい都市あなたのタイヤ。


相手への激しい思慕の情を歌いこんだ有名な歌。
だが、逆翻訳はそんなことにはおかまいなしだ。
「すぐによい都市あなたのタイヤ」(笑)ラジアルタイヤのCMか。
posted by nemota at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

ほったいも百人一首-18(藤原敏行朝臣)

住の江の 岸に寄る波
  よるさへや 夢のかよひ路 人目よくらむ

    
Swimming Norway know, kiss senor lunar me, your loose air.
You may knocker your easy, hit mayor clam.








hi18
【歌意】
住の江(すみのえ)の岸に寄る波の「よる」ではないが、夜でも夢の通い路を通って逢えないのは、あの人が夢の中でも人目をさけているからであろうか。

【逆翻訳】
水泳ノルウェーは、知っています、セニョール見ることにキスする私(あなたのゆるい空気)。あなたはそうするかもしれませんノッカーあなたの簡単な、ヒット市長ハマグリ。
posted by nemota at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

ほったいも百人一首-17(在原業平朝臣)

ちはやぶる 神代もきかず 竜田川
    からくれなゐに 水くくるとは
   
Chief fire blue, coming yore more kickers, tattoo tag award.
color crane nine need, meads cook roux toward.




hi17

【歌意】
不思議なことの多い神代(かみよ)でも聞いたことがない。竜田川の川面に紅葉が散りばめられ、綺麗な紅の色に染めあげてしまうとは。


【逆翻訳】
主要な火青、より来たるべき昔キッカー(タトゥータグ賞)。
カラークレーン9は必要とします。そして、草原はルーを料理します。


「ちはやぶる 神代もきかず」は今風に言うなら「前代未聞!」か。
こんな大袈裟な表現も平安時代の貴公子、在原業平だから許される?
posted by nemota at 17:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

ほったいも百人一首-16(中納言行平)

忘れた頃にやってくるのが、ほったいも百人一首です。(というかほんとうに忘れていた)



立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる
     まつとし聞かば 今帰り来む
Touch were curry, in nerve no yammer know, meaning need on wool.
Mats tossing key cover, in marker Eric come.







hi16【歌意】
地方への赴任を命ぜられ、あなたと別れて因幡の国に行ったとしても、山の峰に生えている松ではないが、あなたが待っていると聞いたならば、すぐに帰ってこよう。


【逆翻訳】
タッチはカレーでした、神経泣き声なしで、ウールの上で必要を意味して、知っていてください。キーを投げているマットはカバーします、目印エリックにおいて、来てください。




これはまさに、ユニコーンの「大迷惑」の古典版では?
posted by nemota at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

百人一首-15(光孝天皇)

君がため 春の野にいでて 若菜摘む
     わが衣手に 雪は降りつつ
Kill me garter male, howl know nonentity, worker nuts moon.
wagon column denim, your king were free to two.







【歌意】
あなたのために春の野に出かけ、若菜を摘んでいる私の袖に、雪が降りかかってきている。


【逆翻訳】
私を殺しますガーター男性、遠ぼえはつまらないもの(労働者ナッツ月)を知っています。コラムデニムをワゴンで送ってください、あなたの王は2まで自由でした。


■この若菜とは、春の七草のようです。


といいながらまだ残暑。季節感のないエントリだこと。
posted by nemota at 14:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

百人一首-14(河原左大臣)

陸奥(みちのく)の しのぶもぢずり 誰(たれ)ゆえに
                 乱れそめにし 我ならなくに      
Mitchell knock none, she nerve mergees ring, tally you any.
middle so many scene, wallet Nara knock knee.





歌意:「してはならない恋に乱れとまどう心」
陸奥のしのぶもぢずりの乱れ模様のように、わたしの心は思い乱れています。 私のせいではなく、ほかならぬあなたのせいなのですよ。



逆翻訳
ミッチェルはなにも打たないで、彼女は神経合併相手リングであり、合札はあなたです。
いずれも。場面、財布奈良のノックが折れ曲がっているほど多い中央。


「もぢずり」とは、福島県の信夫(しのぶ)地方からあった乱れ模様の摺り衣のこと。
posted by nemota at 11:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

百人一首-13(陽成院)

筑波嶺(つくばね)の みねより落つる みなの川
             恋ぞつもりて 淵となりぬる
Too cool burning know, meaning yearly on tool, me nano grower.
Coin's to morning tea, who cheat toner renew.







hi13
歌意
筑波の峰から流れてくる男女川(みなのがわ)が次第に水量を増して深い淵となるように、私の恋心も時がたつにつれて、積もり積もって淵にように深くなってしまった。



逆翻訳
ツールで年一度であることを意味して、クール過ぎる燃焼は知って、私はナノ裁培者です。
朝の紅茶にはコインがあって、だれがトナーをだますかが更新します。



深まっていく孤独な恋情を見事に歌い上げているのに、この逆翻訳ときたら...
posted by nemota at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

百人一首-12(僧正遍昭)

天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ
    乙女の姿 しばしとどめむ
Amateur cozy, coomb on knocker you easy, hooking toes in yore.
auto manor soon garter, see bashing to domain.







hi12
歌意
空に吹く風よ、雲の中にあるという天に通じる道を閉ざしておくれ。天女の舞い姿をしばらくこの地上にとどめておくために。







逆翻訳
アマチュアは取り入って、ノッカーの上の山腹の谷はあなたです。昔の簡単で、掛けている爪先。 ドメインに強打しながら、まもなく自動荘園をガーターで留めて、見てください。



五節の舞姫たちを、天上から降りてきた天女に見立てて詠んだ歌。
「乙女の姿しばしとどめむ」というフレーズは有名ですね。
posted by nemota at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

百人一首-11(参議篁)

hi11


わたの原 八十島(やそしま)かけて 漕ぎ出でぬと
          人には告げよ 海人(あま)の釣舟
Water know hurler, yes sea man cock eighty, cog in dental.
Heat near to gain yore, a manner to live name.




歌意
広い海原を、かなたの島々を目指して漕ぎ出したと、都にいる親しい人に伝えておくれ。


逆翻訳
水は歯でハーラー、はい海の男性コック80、歯を知っています。
昔、方法をライブ名前に獲得するために近い熱。


流刑の悲哀を歌ったもの。この参議篁(さんぎたかむら)が先日の最高齢ヨット単独世界一周のニュースを聞いたらなんと言っただろう。
posted by nemota at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ほったいも百人一首 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。